訪問入浴介護サービス

2014年5月 5日 (月)

訪問入浴介護3

訪問入浴介護のサービスを受ける際の準備。

1・簡易浴槽の設置およびスタッフの作業スペースとして、2~3畳ぐらいのスペースを確保していただきます。

2・着替え、タオル、洗面器などを準備していただきます。

3・好みのシャンプーや石けんなどがある場合は弊社に相談してください。

4・急な体調の変化によってサービスが利用できなくなった場合もキャンセル料はかかりません。

5・胃瘻、腸管栄養の場合もサービス可能です。

|
|

2014年4月 5日 (土)

訪問入浴介護2

訪問入浴介護のサービスの流れ。

  1. 入浴前の健康チェック……看護師または介護職員が、血圧や脈拍、体温を測定して体調の確認を行います。この際、体調がすぐれない場合は、入浴をお休みします。
  2. 入浴……体調的に全身浴が難しい場合は、バケツや洗面器にお湯を入れて手や足をつける部分浴や、蒸しタオルなどで身体をふく清拭にとどめる場合もあります。
  3. 入浴後のケア……タオルで身体を拭いたり、髪を乾かしたりするほか、水分補給、爪切り、ひげ剃り、保湿クリームの使用など、さまざまなケアを行います。爪切り、ひげ剃り、保湿クリームなどは、家族側で事前に準備していただきます。

|
|

2014年3月 3日 (月)

訪問入浴介護1

訪問入浴介護では家庭に簡易浴槽を持ち込み、

看護師や介護職員から介助を受けながら入浴できます。

利用の対象となる場合は、

1・病気などのため、通所介護施設などで入浴することが難しい。
2・病気などのため、自宅の浴槽でうまく入浴することが難しい。
3・自宅に風呂が無く、病気などのため外出も難しい。

入浴は身体に負担がかかるため、利用の際には、

あらかじめ主治医の許可をとることが必要です。

|
|

2013年4月 4日 (木)

ケアウィステの訪問入浴介護・葛飾区

訪問入浴介護のサービスの流れ。

  1. 入浴前の健康チェック……看護師または介護職員が、血圧や脈拍、体温を測定して体調の確認を行います。この際、体調がすぐれない場合は、入浴をお休みします。
  2. 入浴……通常、10〜20分程度の入浴を行います。体調的に全身浴が難しい場合は、バケツや洗面器にお湯を入れて手や足をつける部分浴や、蒸しタオルなどで身体をふく清拭にとどめます。
  3. 入浴後のケア……タオルで身体を拭いたり、髪を乾かしたりするほか、水分補給、爪切り、ひげ剃り、保湿クリームの使用など、さまざまなケアを行います。爪切り、ひげ剃り、保湿クリームなどは、家族側が事前に準備しておいてください。

|
|

2009年1月 5日 (月)

訪問入浴介護提供方針2009

ケアウィステでは、快適で何度も入りたくなるような「湯」のサービスを目指しています。

ケアウィステでは利用者・家族とのコミュニケーションを重視します。

利用者個々の状態に合わせた入浴介護を考慮してサービス提供を行っています。

ケアウィステでは入浴介護技術にはプロ意識を持って臨んでいます。

体調不良予防・介護状態悪化予防を意識した入浴介護を目指しています。

季節の湯を定期的に更新して祭りやクリスマスなどのイベント演出も心がけています。

ケアウィステでは入浴後のフットケアを通じて健康増進を意識していきます。

担当ケアマネージャーとの定期的な情報交換で望ましい介護計画の手助けをします。

デイサービスに行けない在宅療養の方への訪問入浴介護にも積極的に対応します。

ひやり・はっとケースを十分検討してインシデント予防に心がけています。

ケアウィステでは毎年の事業所情報公開制度にも対応しています。

葛飾区・足立区・江戸川区・墨田区での訪問入浴介護を効率的に提供しています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2008年6月 1日 (日)

ケアウィステ訪問入浴介護センター

ケアウィステ訪問入浴介護センターは介護保険法に基づき、東京都の指定を受けた事業所です。

葛飾区、足立区、江戸川区、墨田区を中心に高齢や身体の障害のため寝たきりの状態で、自宅の入浴設備の利用が困難な方を対象とし、専用の入浴設備を持参し入浴のお手伝いをするサービスを行ないます。

要介護1~5の方を中心に、看護師1人とホームヘルパー2人が移動入浴車等で各家庭を巡回し、浴槽を家庭に持ち込んで入浴介護を行います。

サービスの提供にあたっては、利用者の心身の状況、希望、置かれている環境を考慮して、身体の清潔の保持、心身機能の維持などを図ります。

実際のサービスはヘルパーを中心に浴槽の搬入やホース類などの接続などの室外の準備と、防水シートを設置するなど入浴場所を整える室内の準備を並行して行います。

一方で看護師は、『血圧・脈拍・体温』を測る他、ご家族の方に体調の様子などをうかがいながら、入浴可能な体調であることを確認します。

浴槽の設置が完了したら給湯開始。湯温も体調やお好みに合わせて調節できますし、その間、看護師とヘルパーが利用者の衣服を脱ぐお手伝いをします。

細心の注意を払いながら看護師やヘルパー合わせて3名で、バスタオルに利用者を包むようにして抱え、静かに浴槽に移動します。

入浴に際しては洗髪、顔拭きから始まり、両手、両足、身体と、順番に洗います。入浴時間は好みに合わせてゆっくりと。 また、湯温は体調やお好みに合わせて調節できます。バスタオルは身体にかけたまま入浴します。

入浴後は再びベッドに移動していただき、看護師が着替えを介助します。入浴によって身体状況が変化していないか、再び看護師がバイタルチェックを行います。

看護師がバイタルチェックをしている間にヘルパーは浴槽や排水などの後片付けをします。

★ケアウィステ訪問入浴介護センター★

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月10日 (日)

訪問入浴QアンドA

一戸建の二階での入浴は可能か?
・・・・入浴車からホースが届けば大丈夫です。
窓などからロープでホースを引き上げたりもします。
道が狭くて車が通れないのだが大丈夫か?
・・・・ホースを延ばして入浴関連機材はセットできます。
場合によってはご家庭のお風呂にお湯を
用意していただき、その湯を使用させていただきます。
マンションの上層部だが大丈夫か?
・・・・エレベータで特殊浴槽は搬入して、
お湯はご家庭のお風呂に用意していただきき、
その湯を使用させていただきます。
部屋が狭かったり、物でいっぱいでも大丈夫か?
・・・・畳1畳程度のスペースで特殊浴槽は設置できます。
部屋が濡れないか?
・・・・特大ビニールシートを敷いて作業しますのでご心配いりません。
体が大きくて重いのだが大丈夫か?
・・・・担架を用いて3人で移動させますので大丈夫です。
胃ろう・膀胱ろうが入っているのだが大丈夫か?
・・・・かかりつけ医の指示の下、入浴可能です。
その他、ご不明な点は熟練したスタッフがお答えしますので、
ご気軽にお問い合わせください。
入浴サービスの責任範囲
  当社の責に帰すべき事由により、利用者、家族等の
身体を傷つけ、又はその財物を損壊した場合は、
当社の責任において適性な損害賠償を行います。
下記の場合、当社は責任を免れます
 ①サービス実施を原因としない利用者の急激な体調変化等、
利用者の身体に関する不測の事態に起因して
事故が発生した場合。
 ②当社又はサービススタッフの指示・依頼に反して利用者及びその家族が行った行為
又はこれらの者の故意もしくは重大な過失による
不実の告知に起因して事故が発生した場合。
 ③地震、噴火等の天災、公権力の行使等
当社の責によらない事由により事故が発生したか
又はサービスの実施が不可能になった場合。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ケアウィステの訪問入浴介護

ケアウィステの訪問入浴の手順 介護方法 
葛飾区お花茶屋
ご指定の日時にスタッフ(介護職員2名・看護師1名)が
お宅に訪問いたします
まず、看護師がご本人の、血圧・体温・脈拍等の入浴前の
健康チェックを行い、入浴の可否判断をします。
必要な場合には主治医にも連絡します。
次に、特殊浴槽をお宅に搬入して入浴の用意をします。
お湯を沸かす、給水と排水のために
水道やお風呂場をお借りします。
入浴車にお湯をひけない場合にはお宅の浴槽から
お湯をひかせていただきます。
看護師の入浴可能の判断がなされたら入浴の準備に入ります。
お湯が溜まるまでの間は、髭剃りや爪切りをします。
お湯が溜まったら浴槽に移動させていただきます。
歩行可能な方から歩行困難な方まで、
最適な介護方法で搬送します。
ご本人の体調、病状に合わせて、
またその日の気温にも考慮して最適な湯温・湯量・時間で
入浴していただきます。洗顔・洗髪もいたします。
洗体は腕・足・お腹・背中・胸・首・陰部・臀部の順に
洗っていきます。
背中の洗体は麻痺などにも注意して
右側・左側に分けて行います。
体の不自由を考慮して右側・左側へ
抱き上げながら入浴介護します。
陰部・臀部はご自身でなさりたい方には
ご自身で洗っていただけます。
入浴時に、お肌が乾燥するのを防ぐために
38~40℃のぬるめのお湯をおすすめしています。
 もうひとつのポイントは、
スキンケアタイプの入浴剤を使っています。
入浴時は、肌の表面が膨潤して、
内側のうるおいが溶け出しやすい反面、
うるおいを取り込みやすい状態にあるともいえます。
この性質を利用して、
バスタイムをスキンケアタイムに変えてしまいましょう。
 季節ごとにはゆずなど季節の湯を提供しています。
洗体が終わったら、
暖かいシャワーで石鹸を十分に洗い流していき、
流し終えたところからタオルをかけてリラックスしていただきます。
タオルで水分を十分ふき取ってから
ベットに移動させていただきます。
その後、着衣・ドライヤーでの紙の乾かしを行います。
入浴後には、まず体調の変化がないか
看護師が再度チェックします。
入浴後にはアロマフットケアを施します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|