« ホリエモン流の一流の牽制球か? | トップページ | ポスト小泉 »

2005年10月29日 (土)

謙虚な自信と自信過剰

実績もあり、絶大な自信を持っていればいるほど実は謙虚になります。本当に大丈夫だろうか?浮き足立っていないだろうか?いい気になっていないだろうか?自己分析できるからでしょう。

絶体絶命の危機を乗り越えていればなおさらです。自分の限界を知っているからでしょう。

実績が無かったり、虚栄心が強いと自信過剰になります。他人の実績まで自分のものにしようとしたり、己を知ることなく、いい気なものです。いつかは墓穴を掘ります。

大した危機を経験していないので、何でもできるような気になっています。自分の限界を知らないのです。

謙虚な自信の元で、リスクテイクしているのと、自信過剰でリスクをおかしているのとでは天と地の差があるのですが、見た目だけではわかりません。

あなたはどうでしょうか?自問してみてはどうでしょう。

世の中は自信過剰が比較的多いようですが、謙虚な自信が美徳の社会になれないものでしょうか?

|

« ホリエモン流の一流の牽制球か? | トップページ | ポスト小泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謙虚な自信と自信過剰:

« ホリエモン流の一流の牽制球か? | トップページ | ポスト小泉 »