« 「萌え」ビジネス | トップページ | 謙虚な自信と自信過剰 »

2005年10月26日 (水)

ホリエモン流の一流の牽制球か?

ネットビジネスのスピードはドックイヤー以上に速いので、TVをいまさら買収しても・・・というカリスマ:ホリエモンの意見も納得できないわけではないです。

一方で、

楽天:三木谷さんはどう反論するのだろう。

ヤフー:井上さんはどう考えるのだろう。

ぜひ聞いてみたいところです。

ライブドアはTBSのホワイトナイトになってもいいと言っている企業ですし、楽天とは競合ですし、TBSに関するホリエモンの意見は彼流の一流の牽制球のような気がしてなりません。

フジテレビの時に各方面からかなり痛い思いもしたのでしょうか?

日本のケーブルやCSがどうなるのかも知りたいですね。

特にケーブルはどうなのだろう?

|

« 「萌え」ビジネス | トップページ | 謙虚な自信と自信過剰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホリエモン流の一流の牽制球か?:

« 「萌え」ビジネス | トップページ | 謙虚な自信と自信過剰 »