« 自宅図書館計画 | トップページ | ホリエモン流の一流の牽制球か? »

2005年10月24日 (月)

「萌え」ビジネス

秋葉原の「萌え」ビジネスが広がりを見せている。

電気街→オタク→萌えといった発想は理にかなっている。電気街→家電、PC、CD、照明・・・。オタク→PCソフト、アニメ、ラーメン・・・。萌え→喫茶店、美容院、歯医者?・・・となると「消費者」プロデューサー・デベロッパーの様相を呈しています。

ここに投入されたつくばエキスプレス。

「供給者」プロデューサー・デベロッパーが電気街→オタク→萌えの流れに乗れるのかどうか?ビックカメラは電気街・オタクのベースに乗っているようではある。萌えに乗るものはあるのか?

|

« 自宅図書館計画 | トップページ | ホリエモン流の一流の牽制球か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「萌え」ビジネス:

« 自宅図書館計画 | トップページ | ホリエモン流の一流の牽制球か? »