« デザート:スヴニールママン | トップページ | 手品:鍵がコインを突き抜ける »

2005年12月25日 (日)

ラモス・ヴェルデイ

J2に降格決定したヴェルデイ(旧:読売クラブ)の次期監督にラモス氏が就任するらしい。読売ジャイアンツの再生には原監督、読売ヴェルデイの再生にはラモスと期待がかかる。でも読売っていう時代はもう過ぎ去ってしまったのだなあ。

Jリーグ草創期の1993、1994年のヴェルデイ連覇にカズと貢献したラモスが「監督」というのはスバラシイ。一方のカズもオーストラリアのクラブでまだ現役というのもスバラシイ。二人とも根性の塊のようである。ラモスは1989年に日本に帰化したが、1990年の日本代表となった時の勇姿がついこないだのように思い出される。

ラモスが1998年に引退した後、6年の歳月を経て2004年にJリーグの監督になるための公認S級コーチの資格を取得しているのも苦労と執念が伺われる。今年はJ1柏のコーチも務めていた。

来年の熱いラモス復活を期待したいものです。

|

« デザート:スヴニールママン | トップページ | 手品:鍵がコインを突き抜ける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラモス・ヴェルデイ:

« デザート:スヴニールママン | トップページ | 手品:鍵がコインを突き抜ける »