« ルスツ スキー | トップページ | 手品:ハトの絵がハトのフィギュアに変身 »

2006年1月 2日 (月)

今年の流れ

時代の流れは確実にある。 その流れに乗れれば事業はたいした経営をしなくてもうまくいく。 時代の流れのない時にはしっかりと経営をしてもうまくいかないことがある。 この結果を運がいいと言うか、時代の流れがよかったと言うか、経営がうまくできたと言うかはその人の感じ方しだい。どうせならいい結果を望みたい。

それには時代の流れをつかまなければならない。

「人口減少時代」

「少子高齢化」

「貿易立国から金融立国へ」

「経常利益よりもキャッシュフロー」

これらは時代の大きな流れである。 業種ごととの時代の流れはミクロ的にはさまざまなので、ピントがずれないように、「センターピン」を狙えるように気にしていかなければならない。

基本は成長事業部に人材と資金を投入すること。

もちろん、経営がしっかりとしているのは当然で「売り上げUP」「コストDOWN」は基本中の基本。

今年の時代の流れに敏感でいたいものです。

|

« ルスツ スキー | トップページ | 手品:ハトの絵がハトのフィギュアに変身 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の流れ:

« ルスツ スキー | トップページ | 手品:ハトの絵がハトのフィギュアに変身 »