« swatch:AIMING FOR YOUR HEART | トップページ | swatch:CATNAP »

2006年2月13日 (月)

少子化対策国際比較

日本の「家族政策」への財政支出は対GDP比で1・0%未満。米国やイタリアと同様である。その米国は移民の国家で少子化の問題は少ない。

イギリスやドイツやフランスやスウエーデンは対GDP比で2~3%の財政支出を「家族政策」に対して行っている。デンマークにいたっては4%近く財政支出をしている。

その一方で日本政府の債務残高は対DGP比で150%以上もある。米国やイギリスやドイツやフランスは100%以下である。日本はなんという無駄な支出(道路・箱物)ばかりをしてきたのだろうか?官僚・政治家の責任は重い。

一刻も早く、債務残高を減らせるように小さな国家を目指してほしいし、少子化対策の費用への配分を試みてもらいたいものです。出産無料化だけでなく、児童手当の充実も視野にいれて。

子供とゲーム

|

« swatch:AIMING FOR YOUR HEART | トップページ | swatch:CATNAP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少子化対策国際比較:

« swatch:AIMING FOR YOUR HEART | トップページ | swatch:CATNAP »