« ミキハウス:アウトレット:キャップ | トップページ | ミキハウス:アウトレット:3WAYバック »

2006年2月27日 (月)

恋愛と脳内分泌物質

人間は好みの異性に会うとエンドルフィンという物質が脳内で分泌される。

異性にときめくとPEA(フェニルエチルアミン)が脳内で分泌される。恋で食事がのどを通らなくなるのもこの物質の過剰分泌による。

これらの物質は一目ぼれなどの初期恋愛感情の際に役割を果たすが、その後の結婚にいたるまでには、魅力・愛着・エクスタシーが必要だとのことである。

人間は自分に似たものに好意を持ちやすいと言うが、エンドルフィンとPEAはどういうトリガーで分泌されるのかは興味のわくところです。

|

« ミキハウス:アウトレット:キャップ | トップページ | ミキハウス:アウトレット:3WAYバック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛と脳内分泌物質:

« ミキハウス:アウトレット:キャップ | トップページ | ミキハウス:アウトレット:3WAYバック »