« 第一生命の第19回サラリーマン川柳コンクール | トップページ | トンネル730m »

2006年2月24日 (金)

荒川静香の金メダル作戦の検証 ・ミキハウス:アウトレット:チューリップハット

日本人女子初となる荒川静香の金メダル作戦の検証

1・ショートプログラムでミスをしなかった。ミスしそうな連続ジャンプの回転回数をとっさの判断で減らせた。*臨機応変の対応能力のすごさ

2・トリノ直前に曲や衣装を変更したり、決定したりした。*周囲の環境でベストな状況に柔軟に対応できるすごさ。

3・フリーでもミスをしなかった。コーエン・スルツカヤのミスとはちがった。*致命的なミスをしない心配りと猛特訓をしてきたすごさ。

4・イナバウアーを得意技にして絶対の自信をもっていた。*よりどころをもった上でのプレッシャーのはねのけるすごさ。

学んでいこう。

|

« 第一生命の第19回サラリーマン川柳コンクール | トップページ | トンネル730m »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荒川静香の金メダル作戦の検証 ・ミキハウス:アウトレット:チューリップハット:

« 第一生命の第19回サラリーマン川柳コンクール | トップページ | トンネル730m »