« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月29日 (金)

CO2対策

与那国島沖の海底で、CO2が液状化されて閉じこめられた状態を、「しんかい6500」が見つけた。

CO2を分解するメタンを利用する微生物も生息しているらしい。

海底では約300度の熱水が海底下から噴き出し、液化CO2と微量の液化メタンで満たされている。CO2が海水と反応してできた固体硫黄層が覆っているという。

CO2は水深2400メートルより深くでは液化して海底へ沈むとされているのが確認された形である。

地球温暖化対策の一助になりそうな発見である。

また、

CO2の管理ができるなら、二酸化炭素が95%の大気組成である火星の地球化も可能かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

認定こども園

幼保一元化を目指した保育園と幼稚園の機能を持つ認定こども園。

10月から法律施行となるが、都道府県の採択が遅れ、実際には来春からの導入になりそうです。

認定こども園にはまだ認可保育園のような財政支援はない。

認定こども園の中では幼保連携型が第一類として一番推奨されている。その他には幼稚園型(原則学校法人)、保育園型(どの法人も社会福祉法人と同様の助成あり)、地方裁量型がある。

幼稚園型は幼稚園児の減少(10年で10万人減少)に対する救済の意味合いもある。

認証保育園では13時間開業と0歳字保育が義務つけられている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

豆電球と太陽光発電パネルとモーター

豆電球ソケット 豆電球3.8V マブチモーターRE-140 【太陽発電器/ソーラーパネル】セイバープロ15w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

戦いに明け暮れた織田信長

1560年に駿河(静岡)の今川義元が2万以上の大軍を率いて尾張へ侵攻した織田家の危機に対して、織田信長は2千の軍勢で今川軍の陣中に強襲をかけた桶狭間の戦い。この時の織田信長は26才であった。
ここから織田信長の戦いの人生が始まる。

1566年には木下藤吉郎(羽柴秀吉)に墨俣城(一夜城)を築かせ、そこを拠点とし、美濃三人衆(稲葉、氏家、安藤)を味方につけ、信長は、稲葉城の斉藤道三の後をついだ斎藤龍興を敗走させ、1567年(永禄10)美濃国を手に入れた。この時の織田信長は33才であった。

1570年には近江国姉川河原で徳川家康と共に浅井・朝倉連合軍と戦った姉川の戦い。ここでは織田信長は浅井方に15段の備えの内13段まで破られるなど苦戦するが、徳川家康や美濃三人衆の奮戦もあり、浅井・朝倉軍を破った。織田信長37才である。

1571年には織田信長に抵抗する延暦寺を焼き討して僧侶など4000人を皆殺しにするなどした。織田信長38才。

1575年には武田信玄の後をついだ武田勝頼の1万5000の軍勢に対して、織田信長は徳川家康とともに、織田軍3万+徳川軍5000の連合軍で、武田軍1万5000を完膚なきまでに叩きのめしたのが長篠の戦い。この戦いで織田信長は鉄砲隊を三つに分け、鉄砲の弾込めによるタイムロスをなくす三段撃ち戦法を使ったと言われている。織田信長42才である。

その後は北陸方面の柴田勝家軍団 、中山方面の織田信忠軍団、畿内方面の明智光秀軍団 、中国方面の羽柴秀吉軍団 、四国方面の丹羽長秀軍団、対本願寺方面の佐久間信盛軍団、東海道の押さえに徳川家康と布陣を敷いた。

1582年に明智光秀は上洛してきた徳川家康の接待をしていた最中に、織田信長から接待役の任を解かされ、毛利軍と戦う羽柴秀吉への援軍に向かうよう命じられた。織田信長も毛利遠征の出兵準備の為に上洛し、本能寺(京都市)に滞在していた。そこに明智光秀軍が突然京都に現れ、本能寺を急襲。織田信長は6月2日に自害したとされるのが本能寺の変。しかし信長の死体は見つからなかったと言われている。織田信長49才の戦いに明け暮れた人生であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

安部昭恵

じきに日本のファーストレデイーになる女性。

聖心女学院卒業で森永製薬の創業家の長女でもある。

電通社員の経験や山口でのDJをしたこともあり、飲酒も強い、明るいイメージがある。

線の細い安部晋三の力強い見方になろう。

国際舞台での姿を早く見てみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

もっと酸素カプセル

リーテック 高気圧・高濃度酸素シャワーイオンO2カプセル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

ノーベル経済学賞って・・・

数学者伊藤のレンマをもとに、ロバート・マートンとマイロン・S・ショールズがブラック=ショールズの定式化で1997年にノーベル経済学賞をとっている。

ブラック=ショールズ式ではオプションからの収益は、もとになる株と借り入れとの適切な組み合わせによって再現できるという。その両者の価格式を結合すれば、それがオプションの価格となる。

この理論は CAPM モデル、モジリアニ=ミラーの法則と並ぶ現代ファイナンス理論の三大成果とされ、デリバティブに関する理論的研究は大幅な進展を見せた。

オプション理論では不確実性にも価値があることを示し、オプション価格式があることで、「待つ」という判断の持つ価値も明確に理論化できるようになった。

1973年の業績を踏まえ、1997 年のノーベル記念経済学賞はマートンとショールズの共同受賞になった。

翌1998 年、運用面でもこの理論が大きな役割を果たしていた大規模ファンドLTCM が、アメリカの証券市場そのものを揺るがしかねない空前の損失を出して倒産し、デリバティブの危険さを身をもって証明することになってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

酸素カプセル

楽天最安値♪楽天スーパーポイント10倍付き!酸素シャワーカプセル本体付属品一式付き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

冥王星降格

冥王星が惑星から降格された。
冥王星と二重惑星になっているとされるカロン(カロンの赤道直径は冥王星の赤道直径の約1/2である)。太陽系の小惑星のうち最大級のセレス(小惑星のためその大きさは地球の月よりはるかに小さい)。冥王星より大きい2003 UB313(天体表面にメタンの氷が存在するとされている)。これらも惑星になるかと思われたが見送られた。

結局、太陽系の惑星は水金地火木土天海まで!
水星は太陽に最も近い太陽系第1惑星。太陽系の惑星の中では大きさは2番目に小さい。水星には大気はほとんど存在せず、表面の平均温度は179 ℃もあり、温度変化も-183 ℃~427 ℃にもおよぶ。

金星は太陽系第二惑星。金星は平均密度が最も地球に似た惑星で、大気は二酸化炭素を主成分とし、膨大な量の二酸化炭素によって温室効果が生じ、地表温度の平均で400℃に達する。大気圧は非常に高く地表で約90気圧ある。

地球は太陽系第三惑星。地球は赤道半径が6378kmのほぼ球形で、質量は5.974×1024kg。地球は太陽系で最も密度の高い惑星で、水星と金星の密度は地球に近い。地球は外側から、岩石質の地殻、岩石質の粘弾性体であるマントル、金属質流体の外核、金属質固体の内核という大構造に分けられる。水星・金星・地球・火星は地球型惑星です。

火星は太陽系第四惑星。火星は地表の酸化鉄(赤さび)で赤く見える。直径は地球の半分ほどで、表面の重力の強さは地球の40%程度。火星の表面積は地球の約 1/4、質量は地球の約 1/10 に過ぎない。火星の大気は希薄で、地表での大気圧は約750Pa(地球での約0.75%程度)。火星の大気は希薄なために熱を保持する作用が弱く、そのために火星の温度は低い。火星の表面温度は最高でおよそ20°C。火星大気の組成は二酸化炭素が95%、窒素が3%で、他に微量の酸素と水蒸気を含みます。

木星は太陽系第五惑星。太陽系内で最大の厚い大気を持つガス惑星で、大半が水素である。木星の質量は大きく、その質量は、木星以外の惑星全て合わせたものの2.5倍程あり、太陽系全体の重心は太陽の中心ではなく太陽の表面付近に位置する。木星、土星、天王星、海王星は木星型惑星です。

土星は太陽系第六惑星。太陽系内の惑星では木星に次いで大きい。土星では惑星の周りに明確に見える輪(環)がある。土星は太陽系の中で一番密度が低く、平均密度は水よりも軽く約0.68。

天王星は、太陽系第七惑星。 太陽系の惑星の中で3番目に大きい。天王星はガスと多様な氷から成っている。大気には水素が約83%、ヘリウムが15%含まれている。

海王星は、太陽系第八惑星。氷に覆われた岩石の核を持ち厚い大気が存在しているガス惑星で、木星や土星同様、内部に熱源を有しているが、表面の温度は-218℃しかない。

冥王星は、太陽系第九惑星であったが降格されてしまった。
敗者復活戦はないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

ラウンドトレリス

ラウンドトレリス2枚組 ハイタイプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

つくばエキスプレス

つくばエキスプレスの一日平均乗降者数の推測

秋葉原~新御徒町・浅草・南千住~北千住はおおよそ3-4万人

青井~六町・八潮~三郷中央はおおよそ5千-1万人

南流山・流山おおやかの森・柏の葉・守谷などの乗換駅で2-3万人

流山セントラルパーク・柏たなかで数千人

みらい平~みどりの・万博記念公園~研究学園で2千人

つくばで2万人くらいかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »