« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月27日 (金)

3割打者と2割5分打者

野球で年間130試合、1試合4打席、年間520打席とすると・・・

3割打者は年間156本以上

2割5分打者は年間130本未満

その差は26本。

4試合に1本の差ぐらいしかない。

この差はどんな時にも真摯に野球に取り組むかどうかのみ。

勝ちで浮かれず、負けで腐らず・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

マーケティング

1・さりげない、適切な場所での広告・広報

2・顧客への教育・情報提供

3・顧客との相互理解

4・アフターフォローマーケティング

★感動設計主義★

来た時、受付時、待つとき、応対時、会計時、出る時・・・流れの各場で感動を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

SWOT

strongを伸ばす、旗を立てる。積極的攻勢をかけます。

weakは他に任せる、連携する。段階的に対応します。

oppotunityを逃さず、波に乗る。専守防衛。

theatsには原点回帰、ニッチ、オンリーワン対応する。差別化しましょう。

常に、存在意義を自問自答すると活路が見出されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

医療とIT

★医療事業の特性・・・

医療は「無くならない領域、インフラ」

慢性疾患は「安定したストック収入型」で「他への乗換えが少ない」

患者に関しては「他からの乗換えを増やす」

急性期疾患も継続してもらえる「リピート化」を目指す

「診察券」の活性化利用の仕組みが重要

利益率の高い医療領域に特化し、追加利用でのアップセルを目指し、高い地域のマーケットシェアを維持することを目指すのが医療事業の特性。

★ITの特性・・・

「物が動かない」インターネット事業に特化するのが本来の姿。

無料で便利なサービスをインターネットユーザーに提供し、そこに広告配信をするというビジネスモデルが有用。


「デジタルコンテンツ」なら新聞、映画、音楽、健康ゲーム等
「インターネット金融」なら代金決済、銀行、保険、融資等
「インフォミディアリ(情報事業)」なら診療情報、価格比較・検索サービス等

「インターネット活用支援」のような「ストック型」で継続されることも肝要。

オープンソースを利用して開発・情報収集し、業務を全自動化し、最小の人数で運営することで低コスト化をはかるべき。

ウェブサービスの公開(Google、アマゾン等)方式でインターネットの力を利用し集客・情報収集を行うことで、「安い」開発システム、ビジネスフローの簡素化、少人数による運営、「便利」なウェブサービスでオリジナル加工が可能になる。

「簡単」なログインでご利用可能にするのは前提。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »