« グッドウィルとコムスン | トップページ | 長寿企業になるために »

2007年6月18日 (月)

折口会長のけじめ

グットウィルの折口会長はコムスン問題で役員報酬の返上のけじめをつけましたが、会長辞任は行っていません。

グッドウィルにしめる介護事業より人材派遣/請負事業のウエートが大きいからなのかもしれません。

しかし、その人材派遣/請負事業でも給与からの天引き問題があります。

グットウィル全体としてコンプライアンスに問題があるのは間違いありません。

グッドウィルは折口会長がMSCBなどの危険な手法で株式の1/3以上を確保しており、完全に折口会長の個人会社と言ってもいいでしょう。

東証1部上場企業としては大きな問題がありそうです。

折口会長は資本と経営の分離をしっかりと行って、グットウィルのコンプライアンス確立のために会長を辞任した方がいいでしょう。

|

« グッドウィルとコムスン | トップページ | 長寿企業になるために »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 折口会長のけじめ:

« グッドウィルとコムスン | トップページ | 長寿企業になるために »