« 2008年 | トップページ | 債権問題 »

2008年1月10日 (木)

冨山和彦氏の論旨

冨山和彦氏の論旨

拝金主義は一部で非難されてはいる。

しかし現状の日本経済は「カネを稼ぐこともできない国」になりつつある。

現在の懸案事項である世代間対立や既得権をめぐる対立の解消を急がねばならない。

日本の「品格」とは数の力で劣る後世世代に思いをはせ、将来「食えない国」に転落するのを回避することであるべき。

・・・富を築きながら、倫理観ももち、後世のために施策を行なうことが必要でしょう。

|

« 2008年 | トップページ | 債権問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冨山和彦氏の論旨:

« 2008年 | トップページ | 債権問題 »