« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月25日 (月)

働く

働くのは家族のため。

家族のための時間を働きながら作る。

家族を支えに働き、社会貢献する。

人生を振り返るときには、もっと仕事をすればよかったよりは、もっと家族や自分のために時間を費やしたかったが本音。

お金は必要だが、それだけが働く意味ではない。

働くのは達成感、自身の成長、賃金確保などさまざま。

生きるために働く必要がなくなったら、人生の目的をはっきりさせる必要がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

シティの対応

サブプライム問題でプリンスCEO辞任、パンディットCEO就任。

サブプライム関連投資の特別目的会社を会計処理。

1・タブーの減配指示。

2・追加損失への対応。

3・事業ポートフォリオの見直し。

4・リスク管理の徹底。

5・財務体質の強化。

6・生産性の改善。

パンディット氏の思慮深くてコンセンサスを重視するが動きが速いという評が実践されている。まじめすぎで数字にも強いが個人向け事業の未経験にどう対応するのか。

今後も見ものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

道路財源と消費税

道路財源を一般財源化すべき。

消費税を福祉目的税にする前に、道路財源の一般化から福祉財源を確保すべき。

日本の道路の舗装率は97%。

半世紀前の5%とは大違いである。

2007年度の道路特定財源は国税3.4兆円。地方税を合わせると5兆円。

福祉財源へ、環境財源へ振るかえるべきものである。

そうでなければ廃止して減税すべき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

株式

株式により経営と所有の分離がなされている。

株式は会社の資本に継続的・永遠の命を与えている。

一方で株式は妙な株主意識をもたらす。

一方で株式の数により暴挙もおこしうる。

株式は難しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

1988-2007

1988年はペレストロイカの年でした。

1990年はバブル真っ只中。

1992年にはきんさん・ぎんさんブーム。

1995年からはインターネットも佳境になってきました。

1996年には援助交際が流行しています。

1999年にはだんご3兄弟がヒット。

2000年にはIT革命が始まっています。

2003年にはバカの壁がベストセラーでした。

2005年にはホリエモンの想定内(外)が流行語になっています。

2006年にはハンカチ王子誕生。

2007年にはハニカミ王子誕生。でもそんなの関係ねぇ!

あっという間の20年。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

債権問題

サブプライム問題→モノライン問題→消費者金融不良債権問題

債権の不良化が進行しています。

債権不良化→REIT崩壊→物価下落→消費低迷

世界的な景気減速も懸念されます。

景気減速→投機機運悪化→格差拡大→政情不安

政情が不安化すると戦争の危機も高まります。

サステナビリティーのある社会への転換が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »