« 働く | トップページ | 万能細胞入手先 »

2008年3月 3日 (月)

海藻バイオ燃料構想

ホンダワラ類からバイオエタノールをつくる計画が三菱総研・東京海洋大学・京都府立海洋センターで進められている。

食用にならないホンダワラ類のため食料問題にもならない。

日本海沖合いの浅い大和堆(やまとたい)で水深400mあたりにホンダワラ類の養殖場をつくる計画です。

ホンダワラ類は3cmのロープ100本前後のユニットに30cmの苗を付着させ半年で1~3mに成長させます。

養殖場は1万平方キロという四国の半分程度の広さで、2千万キロリットルのバイオエタノールを製造させ、日本のガソリン販売量の三分の一の量を計画しています。

ぜひ、市場にでてきてもらいたいものですし、これには政府が積極支援してもらいたいものです。

現在のハイブリッド車もいいけれど、価格がまだまだ割高です。自動車メーカーの努力も足りません。

|

« 働く | トップページ | 万能細胞入手先 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海藻バイオ燃料構想:

« 働く | トップページ | 万能細胞入手先 »