« 海藻バイオ燃料構想 | トップページ | 3つの壁 »

2008年3月 9日 (日)

万能細胞入手先

理化学研究所バイオリソースセンターでは、京都大学の山中伸弥教授のグループがマウスの皮膚細胞から世界で初めて作製した万能細胞(マウスiPS細胞)を希望する研究者に配布する事業を始めた。

日本においてiPS細胞を多くの研究者に利用してもらうことで、再生医療などの研究を加速させるのが狙い。iPS細胞は、さまざまな臓器・組織の細胞に変化する万能細胞の一種。

山中教授らが特許取得の手続きも済んだことから、細胞バンク事業に実績のある理化学研究所バイオリソースセンターは京大から依頼を受けて、希望する国内外の研究者に提供する。 

費用は約100万個の細胞が入った試験管1本で実費1万2000円。

提供を受けた研究者が論文を発表する場合は、京大との共同研究になるとのこと。同センターはヒトiPS細胞についても2008年4月以降配布する予定である。

|

« 海藻バイオ燃料構想 | トップページ | 3つの壁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 万能細胞入手先:

« 海藻バイオ燃料構想 | トップページ | 3つの壁 »