« 格差社会の実態 | トップページ | ヒンドウー教の教え »

2008年5月19日 (月)

安田善次郎の身家盛衰循環図系

富士銀行(現みずほ銀行)創始者である安田善次郎の「身家盛衰循環図系」での訓示。



『困窮』から、『発憤』するか『挫折』するかに分かれる。

『挫折』せずに頑張って励み、『勤倹』(倹約)していけば『富足』(財産が備わる)となる。

富を得て『傲奢』(驕る)になれば、『喩利』(儲けを貪る)・『煩悶』を経て、再び『困窮』に逆戻りしてしまう。

しかし、富を得ても、常に『修養』を怠らず努力していけば、やがて『安楽』を得ることが出来る。

|

« 格差社会の実態 | トップページ | ヒンドウー教の教え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安田善次郎の身家盛衰循環図系:

« 格差社会の実態 | トップページ | ヒンドウー教の教え »