« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月24日 (日)

帝国主義ふたたびか

明治政府成立1868年の半世紀以後に満州事変が勃発した。

当時の日本は富国強兵のスローガンの下に、世界の覇権への道を歩み、米国の株式バブル崩壊後の世界恐慌の中、各国が海外市場や資源確保にまい進した。現在の米国不況と世界経済失調に重なる面もある。

当時も資源エネルギー戦争があり、多極化構造の中で覇権争いがあった。資源小国の日本は満州や樺太利権を得られなかったり失敗したりしていた。更には日本とインドネシアの交渉も決別し、石油の米国依存度80%の状態にも関わらず、米国に戦争を仕掛けた。米国の道義的制裁に対抗して。

その米国は日本の740倍の世界一の原油生産量を当時ほこっていた。二位がソ連、三位がベネズエラであった。現在でも一意はロシア、二位がサウジアラビア、三位が米国である。

真珠湾とマレー方面への攻撃は石油確保が前提でもあった。まず、マレー方面のにも攻撃でもよかったのに。

現在もサハリン2の権益縮小、カフジ油田撤退、東シナ海ガス田問題など資源獲得競争に苦戦している。政治・外交・軍事力の不足が原因しているのはゆがめない。

このような覇権、資源エネルギー獲得競争を日本は再度起こすべきでないし、おこしようがない。代替エネルギー戦略を加速化しないと石油によって日本は再び追い詰められていく。明治政府成立後半世紀以後と同じように。

現在は第二次世界大戦終戦後半世紀以後になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

生物の進化

ヒトという生命の起源は海にある。

ヒトは脊椎動物でもある。

海から陸にあがった最初の脊椎動物がイクチオステガ(絶滅)。ここでヒレが四肢に進化した。今から3億4000万年前のことである。

そのヒレができたのは5億年前前後。

一方で、ヒレとアゴをを持つのがアクモニスチオン(サメの一種:絶滅)。エラからアゴに進化したのも5億年前前後。

エラと背骨の歴史は5億5000万円前にさかのぼる。

背骨のもとの脊索を持つのがナメクジウオとされ、5億6000万年前の進化とされる。現在でも30種ほどいるが、現在でも海底に住んでいる。進化していない。

脊椎動物であるヒトは脊索動物の一種でもある。

ナメクジウオのゲノム解析では4ヶ所でヒトゲノムと対応する。このことから脊椎動物ではゲノムの倍化(重複現象)が起こり、進化したともされている。同じ遺伝子が異なる細胞で働き違う構造を作る進化を生み出すともされている。

また脳の進化には神経堤細胞が関与しているとされているが今後の研究が期待される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

監査役業務

★取締役の責任を追及する訴えの提起

株主は会社に対し書面をもって取締役の責任を追及する訴えの提起を請求できる

会社が、請求より30日以内に訴えを提起せざるとき株主は会社のため訴えを提起できる

訴訟の目的の価額の算定は財産権上の請求に非ざる請求に係る訴えとみなす

裁判所は被告の請求により相当の担保を供すべきことを命ずることができる

★取締役が法令、定款違反結果、会社が損害を被ったときは、その損害賠償責任を負う

取締役が、取締役会の承認を得ないで競業取引、利益相反取引をした結果、会社に損害を与えれば、取締役の法令違反行為により損害賠償責任を負う。

取締役が、相当な注意を用いて職務を遂行すべき注意義務に違反した結果、会社に損害を与えたときも、取締役の法令違反となる。

利益供与の責任も同等。

★監査役は、会社に対して善管注意義務違反その他の任務懈怠があれば損害賠償責任を負う。

★監査役は職務の遂行に際し悪意または重過失があった場合または監査報告に虚偽記載があった場合には、第三者に対しても損害賠償責任を負う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

取締役職務代行者

取締役選任に関する決議取消しの訴え、無効不存在確認の訴え、取締役解任の訴え

取締役の地位に影響はない


当該取締役に職務執行させるのは不適当


代表取締役や取締役の職務執行を停止し、職務執行代行者を選任する仮処分


仮処分命令により、選任代表取締役または取締役の職務代行者は、株式会社の常務に属さない行為をする場合は、裁判の許可を得なければならない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

株主代表訴訟

★株主代表訴訟は、

株式を有する株主が

取締役が会社に対して責任を負う事実があることに関して

会社に損害が発生しており

相当因果関係の存在する場合になされます。

★内容的には、

法令・定款違反

善管注意義務・忠実義務違反

監視義務違反

競業取引

利益相反取引

株主の権利行使に関する利益供与に係る責任

違法な剰余金分配

株主の権利行使に関する利益供与に係る責任

などがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »