« 帝国主義ふたたびか | トップページ | 取締役の責任 »

2008年9月 1日 (月)

ホリエモンからタケポンへ

ホリエモンがタケポンとしてブログを再開させた。

東京高裁でも実刑判決とされ、粉飾決算、偽計、風説の流布について認定された。

虚偽報告に関して故意と共謀があったとされたのである。

今回は成長仮装型の粉飾決算で損失隠蔽型とは異なるとされている。

規範意識が薄弱で潔くないともされ、ダミーファンドも認定された。ファンドの実態と独立性は否定された。

ライブドア自身は控訴しておらず、一審判決が確定しており、ホリエモンへの訴訟へ移っている。

控訴審では出廷義務がないので、ホリエモンは三回の審理にも出廷していないという。

ブログでは他の話題をもとに、社会への不満も述べられている。

|

« 帝国主義ふたたびか | トップページ | 取締役の責任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホリエモンからタケポンへ:

« 帝国主義ふたたびか | トップページ | 取締役の責任 »