« 今後の展開 | トップページ | ウオーレン・バフェット »

2008年12月 6日 (土)

相場動向

日経平均10600円程度の50年移動平均線を2009年12月は下回ったままである。ダウントレンドの現状ではこの値が上値抵抗線になる。

日経平均採用銘柄の変更はあるものの、バブル崩壊以降二度目の出来事。事の大きさがわかる。バブルは利潤率低迷の時に手段として生じてくる。

債権の低利回りも投資機会のなさを象徴している。

大航海時代も利潤率の低下からグローバリゼーションをめざしたが、現在も同様の状況である。グローバリゼーションは利潤獲得のための手段で、異なる価格体系の経済圏が市場統合していく。

16世紀にも先進国イタリアに新興国英国・ドイツが追いついていった。今は先進国日本に新興国中国が追いついてくるが、20年はかかる。

世界同時不況後には資源・食料価格高騰が再現される。

米国の安い調達コストでの外国資本は原油・自動車輸入や外国への投資へ回っていた。リターンは3倍以上であったが限界に来今回崩壊した。

金融経済が実物経済より優位に立っていた時代が終わった。今後は新興国経済が拡大し、台頭してくる。金融経済と実物経済のバランスが取り戻されていく。

米国一辺倒から無極化、その後は多極化へと向かっていく。

|

« 今後の展開 | トップページ | ウオーレン・バフェット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相場動向:

« 今後の展開 | トップページ | ウオーレン・バフェット »