« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

般若心経

万物は変化した結果、滅びて無になる。              色即是空
万物は変化した結果、再生する。                 空即是色

|

2011年12月19日 (月)

バフェット投資哲学

(1)事業の内容が理解できる。

(2)長期的に業績が良いことが予想される。

(3)経営者に能力がある。

(4)魅力的な価格である。

・・・主要銘柄がコカ・コーラ、ウォルト・ディズニー、アメリカン・エキスプレス、ジレット、ワシントン・ポストなど知名度が高く、抜群の競争力を持つ有力商品が10年後、20年後、30年後も有力商品であり続ける可能性が大きい優位な立場を確保しており、他社の新規参入で製品の売値や収益を圧迫される恐れがない

金を払って投資に値する極めて少数の一流企業か、長期投資する魅力がない膨大な数の二流企業か。

ほとんどの企業は普通、実体価値以上の値段で売買されているが、ごく希に、素晴らしい一流企業が見捨てられている時には、景気や相場の見通しが悪くても、他の投資家がレミング(ネズミの仲間)のごとく一斉に売りに傾く時に買いを入れる。

株価の動きの予測は、しょせん推測の域を出ない。会社を正しく選び、その株を妥当な値段で買い、良い銘柄である限り、それを持ち続け、売るのは良い銘柄でなくなった時。

(1)抑制の利いた貪欲さによって心が活発に動き、投資の面白さに魅せられている。

(2)辛抱強い。

(3)他人の意見に左右されず、報告書に目を通し、自分で考える。

(4)十分な知識によって心の平静と自信を身につける。せっかちも頑固もいけない。

(5)知らないことは知らないという率直さを持つ。

(6)どんな業種の株を買うかは柔軟性を持って臨み、銘柄の価値以上の値段では決して買わない。

|

2011年12月17日 (土)

夫婦円満

ポイント1:会話を増やす
ポイント2:感謝の気持ちを持つ
ポイント3:相手を尊重し信頼する
ポイント4:家事に協力する
ポイント5:干渉しすぎない
ポイント6:育児の協力
ポイント7:相手をほめる
ポイント8:スキンシップをとる
ポイント9:謝り妥協する

「人から認められ」
「人に褒められ」
「人から必要とされ」
「人から愛される」
これらは必要だが、
その逆をしてはいけない。
つまり、
「人を否定し」
「人をけなし」
「人に自分は不要な人間なのだと思いこませ」
「人を嫌い悪口を言う」
これらは避けるべき。

「命令やアドバイスを言うかわりに質問をする」

|

2011年12月14日 (水)

30代から40代を経て50代に。

30代は、仕事は面白いが大変で、女性も魅力的で、学生 時代とは桁外れの収入を遣うのも楽しくて仕方ない。

40代後半には、その全てが色褪せる。仕事は安定し、冒険する必要もその気もない。女性はもう懲り懲り。お金はあっても、遣う気にならない・・・・・人 生の興奮や喜びが、トーンダウンする。

50代には時間を有効に使って趣味やライフワークに取り組む。お金と時間もあり、知性があり、理想をもってライフワークと地球のために働く。

|

2011年12月13日 (火)

風力発電余地

北海道13966万キロワット
青森1971
岩手1600
秋田1580
鹿児島849
福島816
山形633
沖縄574

|

2011年12月12日 (月)

願望→決意→厳しさに耐える決意

決意の第一レベルは、「願望」

決意の第二レベルは「勝つ決意」。決意だけではビジョン達成は難しい。

決意の第三レベルは「厳しさに耐える決意」。「何かを得るために何かを捨てる決意」。

苦しいから、遊びたいからと言ってサボっていては成功するわけがない。

リーダーの仕事とは、ビジョンに対してこのレベルの覚悟をメンバーから引き出すことが求められる。


人間の欲望にはきりがない。人間は、何かを手に入れれば「満足する」のではない。
何かを手に入れれば入れるほど、さらに欲望が深くなり、「不満が高まる」。

「餓鬼道」。欲にまみれ、永遠に幸福を感じることができない鬼畜の道だ。

塩辛い海の水を飲めば飲むほど、ますます喉が渇いてくる

比べない生き方が大切

自分だけ、毎度三食おいしい食事をとっておきながら、植木には水やりを面倒くさがりサボる身勝手。そんな考えだからこそ、周囲の人に対しても、身勝手さが露呈してしまう。

植木の水やりから行動を改めなければ、その先はない。

自分の仕事だけに没頭していた。仕事が忙しく、植木に水をやれなかったのではない。植木に水をやることもできぬほど、自己中心的でわがままだったから、仕事がうまくまわらなかっただけ。先にすべきは、たまった仕事、ではなく、植木に水をきちんとやること。

|

2011年12月 7日 (水)

contents business

自分の頭を使って、コンテンツの仕事をするのに必要なのはパソコンくらい。人件費は自分だけ、オフィスも自宅兼用。

Facebookなどのネット上のツールで人材紹介、自分を知ってもらう広報。人と知り合うハードルが下がり、価値を提供できる人が市場できちんと評価される時代。

いいデザインは欧州に行き、いい食べ物は日本に行き、いい人材はアメリカに行く。

|

2011年12月 6日 (火)

地熱発電

日本地熱学会・・・日本は地熱資源の豊かな国。世界第三位の資源量(2347万キロワット)
日本地熱開発企業協議会・・・資源量の8割が国立公園内

地下深くの高温蒸気でタービンを回す地熱発電。2011年で54万キロワットしか利用されいない。
開発リスクや初期投資が大きい。稼働率が高く天気に左右されない。
温泉の熱水で小規模発電する温泉発電・・・新たな井戸を掘らない。
競争力がないとっしじょう退場させられる・・・下北半島3万kW、八甲田1万kW、栗駒北部17万kW、磐梯27万kW、八幡平南部2万kW、八幡平北部24万kW


|

2011年12月 3日 (土)

アリストテレス

「ロゴス(論理)」「パトス(情熱)」「エトス(人徳、信頼)」

|

2011年12月 2日 (金)

今頑張らなければいつ頑張るんだ。

いまは素晴らしいサービスを創り出すことに集中すべき。

新規事業が起こせる時期。

飛躍のまたとない機会。

スマートフォン、ソーシャル連携、課金、グローバルなど、
インターネット業界はかつてない事業機会が拡がっている。

あっという間に勝負がついてしまう。

|

2011年12月 1日 (木)

ゲーテの言葉

財を失うことは小さく失うことである

名誉を失うことは大きく失うことである

勇気を失うことはすべてを失うことである

|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »