« 2/28-2/29 | トップページ | ジュラ紀のノミ »

2012年3月 1日 (木)

少子化対策

少子化で問題になることの一つは労働者人口減少です。その打開策には定年退職後の高齢者と子育て女性の無就業状態を改善させる必要があります。まだまだ働けるのに定年退職後の職場のない高齢者や育児に追われキャリアを中断したり、専業主婦になったりする女性が日本では諸外国に比べ多いとされています。 定年退職後の第二の人生に合わせ、高齢者新卒採用枠を企業に設けて活躍の場を提供し生涯現役の高齢者を増やしていくのが望ましいです。高齢者新卒はある程度のビジネスマナー、センスもあるので日本の労働人口減少に対処できます。 子育て女性の活性化に対しても育児新卒採用枠を企業に設けることで家庭に閉じこもらず、女性の視点や子育ての視点を生かして仕事を継続することが可能になります。もちろん高齢者新卒枠、育児新卒枠の普及には国の後方支援、企業の社会貢献の姿勢が重要になります。

できない奴は要らない。使えない、社員の能力が低いのではない。 作業工程が、凡人にはできないようになっているのが問題の原因。

|

« 2/28-2/29 | トップページ | ジュラ紀のノミ »