« 人間は動物 | トップページ | 弁護士 »

2013年12月19日 (木)

税理士

税理士・・・1つは税理士試験を受けて5科目の合格をする方法。税理士試験に5科目合格前後に、2年の実務実勢がないと税理士になることが出来ないので税理士事務所などで実績を積む。税理士試験を受けなくても税理士になることが出来る場合は弁護士や公認会計士の資格を持っていれば、税理士試験を受験しなくても税理士になれます。また税務署に23年勤以上勤めると税理士の資格をもらうことが出来ます。簿記論・財務諸表論・所得税・法人税・消費税・相続税等から

税理士の仕事である税務業務は、下記のような内容。 1.企業の代理人としての立場から 2.企業のために 3.税務申告書を 4.税法に従って 5.税理士自ら作る。 税務 税理士は、その名が示すとおり税金に関する事柄を扱います。所得税や法人税などの各種税金の申告や、税務書類の作成、税金に関する不服審査手続などを行うのがその中心的な業務です。 このように税理士の業務は、第一義的には税金に関する業務、すなわち税務です。上述のとおり納税者からの依頼を受けて税務を行うのが仕事ですから、基本的には納税者側に申告義務がある税金についての仕事が多くなります。典型的なのは、所得税・法人税・消費税・贈与税・相続税の確定申告にかかわる業務です。これらの確定申告は複雑な専門知識を必要とする難しいものであることが多いのです。そこで、税理士の登場となる。 税理士は、これら税務に関して納税者を代理する資格をもち、また税務に関する相談を受けることを業とできるのは税理士だけ。

税理士が行う会計業務 これらの典型的な税務から派生して税理士がよく行う業務として、会計業務があります。 上述の各種税金のうち、法人税・消費税の二つはその申告の前提として適正な会計帳簿の作成が必要となります。また、所得税についても、個人事業を行っている人の場合ですと、やはり会計帳簿を作る必要があります。 この会計帳簿の作成というものもそれなりの専門知識が必要な業務であり、多くの納税者はそのような専門知識を持ち合わせていないのが実態です。それに、会計業務の中には税務についての知識がないと適切にこなせない業務も多く混じっています。ですからたいていの税理士は税務の仕事の他に、この会計帳簿の作成業務も行います。あるいは、顧客が作成した会計帳簿が適正かどうかを確かめたり、その作成方法を手ほどきしたりするアドバイス業務を行います。これらの会計業務は、税理士として活動する上で避けて通ることはできないきわめて重要な業務です。

四大税理士法人 新日本アーンストアンドヤング税理士法人 (w:Ernst & Young) - 略称:E&Y KPMG 税理士法人 (w:KPMG) 税理士法人トーマツ (w:Deloitte Touche Tohmatsu) - 略称:DTT,Deloitte. 税理士法人プライスウォーターハウスクーパース (w:PricewaterhouseCoopers) - 略称:PwC いずれも広い意味での企業税務を中心とする税理士法人である。 各税理士法人は同系列の四大監査法人(あずさ、新日本、トーマツ、あらた)や海外の四大会計事務所のネットワークと連携している。 4大税理士法人は、それぞれ大規模事務所として、東京・大阪・名古屋には必ず所在しており、どの4大税理士法人も500人を超える規模である。国内税務や移転価格税制などの国際税務を担当する会計事務所。

|

« 人間は動物 | トップページ | 弁護士 »