« 50代に向けて | トップページ | クレーマー対策 »

2015年1月 9日 (金)

グランパ・チーズが教えてくれた人生の教訓25

1、いつでも、気の利いたユーモアを忘れないこと。

2、最下位からスタートすることほど、よいことはない。

3、一日も欠かさずに運動しよう。たとえ気が進まなくても。

4、自分が稼ぐ以上の金を使ってはならない。

5、オレンジジュースを毎日飲む。

6、ひと目惚れは作り話ではない。

7、悪い仕事でも、仕事がまったくないよりはいい。

8、カビがちょっとくらい出ても大丈夫。食べ物を無駄にしてはならない。

9、家族は、人生で手に入れる最も大切なものだ。

10、ソーセージを毎日食べる。私には効き目があった。

11、人生はデリケートなものだ。自分を大切にしないと人生はダメになってしまう。

これは私がチーズから学んだことだ。

12、本当の自分になることを恐れてはならない。

13、誰もが服を持ち過ぎだ。自分が持っているものを着て、それ以上買うのはやめなさい。

14、許せるようにならなければならない。たとえそれが難しいことであっても。

15、お金はいま使わず、後で使え。

16、愛は、常にたやすいとは限らない。ときには努力しなければならないこともある。

17、あらゆる状況下で、何か笑えるものを見つけよう。

18、問題に直面したときは、解決策を見つけるのを先送りしてはならない。

だが、解決の方法がない場合は忘れるべきだ。

19、自分が大好きなことをやるように。自分の持っている夢を追うことを恐れてはならない。

20、教育は重要だが必須ではない。人生自体が教育になりうる。

21、自分の世界を探検し、好奇心を持ち続けよう。

22、難しく考えすぎず、肩の力を抜こう。

23、私のフルネームはウィリアム・ブラッドフォード・ジェームズ・アンダーソン。

そのイニシャル(W, B, J, A)は常に「Why Be Just Anybody?」

(なぜ「ただの誰か」でいるのか)と自分に問いかけることを思い出させてくれる。

24、常識を身に付けよう。あらゆる状況に対して、最も筋の通った答えを考えよう。

常識のない人間はダメだ。

25、人生は、自分で開けなければならない贈り物だ。

そしてその中身が、自分を幸せと落胆のどちらに導いてくれるかを決めるのは自分次第だ。

人には、自分自身のためにそれを決める力がある。

|

« 50代に向けて | トップページ | クレーマー対策 »