« 弁理士試験大学別合格者数及び合格率 | トップページ | ゴールドマンサックス »

2015年4月 6日 (月)

信州大学2015入学式学長挨拶・・・「スマホやめますか、それとも信大生やめますか」

・・・

 自分の時間を有効に使うために、自力で時の流れを遅くする必要があります。
 そのための五つの方策が提案されていることは良く知られています。

 

一、 学び続けること。新しい経験が得られて、時間感覚がゆっくりとなる。
二、 新しい場所を訪ねる。定期的に新しい環境に脳をさらす。
三、 新しい人に会う。他人とのコミュニケーションは脳を刺激する。
四、 新しいことを始める。新しい活動への挑戦。
五、 感動を多くする。


 信州大学では、自然に囲まれた緑豊かなキャンパスでの勉学と課外活動、都会の喧騒とは無縁の落ち着いた生活空間、モノやサービスなどが溢れることのない地に足の着いた社会など、知的にものごとを考え、創造的な思考を育てる環境を簡単に手に入れることができます。先輩諸氏は、このようにして、ゆっくりとした時間の流れを作っていたのです。
 皆様はどうでしょうか。残念なことですが、昨今、この信州でもモノやサービスが溢れ始めました。その代表例は、携帯電話です。アニメやゲームなどいくらでも無為に時間を潰せる機会が増えています。スマホ依存症は知性、個性、独創性にとって毒以外の何物でもありません。スマホの「見慣れた世界」にいると、脳の取り込み情報は低下し、時間が速く過ぎ去ってしまいます。
 「スマホやめますか、それとも信大生やめますか」 スイッチを切って、本を読みましょう。友達と話をしましょう。そして、自分で考えることを習慣づけましょう。自分の持つ知識を総動員して、ものごとを根本から考え、全力で行動することが、独創性豊かな信大生を育てます。

・・・

|

« 弁理士試験大学別合格者数及び合格率 | トップページ | ゴールドマンサックス »