« 介護について | トップページ | 便潜血反応陽性の場合・・・ »

2007年2月 5日 (月)

胸焼けがしたら・・・

胸が焼けるような感じがしたことはありませんか?

胸焼けをきす病気としては逆流性食道炎があります。

逆流性食道炎は最近では胃食道逆流症(GERD)とも言われています。まさに胃と食道で胃酸が逆流する病態です。

GERDは軽症のgradeABと重症のgradeCDに分けられますが、軽症GERDでは内視鏡検査をしても異常所見がまったくない場合もあります。

内視鏡所見のないGERDは非びらん型GERD(NERD)とも言われ、食道の知覚過敏が原因とも考えられています。知覚過敏は歯肉や心臓でもあります。

重症GERDではbarrett食道やその先にある食道癌との関連も指摘されていましたが、GERDと食道癌にはあまり相関がないのではないかとの考えも最近では言われています。

またGERDは軽症から必ずしも重症に移行するとは限らないようですが、まだはっきりとしていない面もあります。

いずれにしろ現在ではGRED・NERDに対してはPPIという胃酸を抑える薬での治療が一般的ですし効果もあります。

胸焼けは食道以外にも、胃・心臓・肺の病気であることもあります。

胸焼けで心配なことがありましたら一度、外来受診なさってみてはどうでしょう。

南綾瀬クリニック 

診療科目:内科・小児科・消化器科

     在宅医療・健康診断・ED治療・VGA治療

診療時間:午前9時半~昼12時半(月・水・木・金)

       午後6時~午後7時半(木曜日のみ)

東京都足立区綾瀬2-10-22 

電話03-5629-6631 

交通①千代田線綾瀬駅下車小菅法務局方面南下徒歩3分

交通②京成バス小菅法務局前下車北上徒歩2分

|

« 介護について | トップページ | 便潜血反応陽性の場合・・・ »