« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月14日 (月)

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎が日本でも増えてきています。

大腸内視鏡検査の普及と病気の認識向上も寄与しているであろうが、他にも原因があるのかもしれない。

潰瘍性大腸炎は原因不明であるが、免疫異常、遺伝子異常、環境因子などが疑われています。

一般的には頻回の下痢に微熱を伴い、トイレットペーパーに血がつく10~30代の若い世代は潰瘍性大腸炎の可能性もあり要注意である。

大腸内視鏡検査で診断がつきますが、早期の場合は典型的な所見を呈さない場合もあり、消化器病専門医の診断で治療を行うのがいいでしょう。

潰瘍性大腸炎専用の治療薬もあります。

しかし重症化するとなかなかコントロールの悪い病気でもあります。軽症でも再発が多くやっかいな病気です。潰瘍性大腸炎では継続した治療を年単位で行い方がいいでしょう。

軽症ではトイレに頻回に行っているだけと思われてしまう、周囲から理解されにくい病気ですが、検査での病理診断でも確定されれば東京都では難病指定も受けています。

我慢を重ねると病状が重症化することもあり、気軽に消化器科のある医療機関で相談することをお勧めします。

*南綾瀬クリニック* 
診療科目:内科・小児科・消化器科・在宅医療・健康診断
ED治療・AGA治療

診療時間:午前9時半~昼12時半(月・水・木・金)
       午後6時~午後7時半(木曜日のみ)

東京都足立区綾瀬2-10-22★電話03-5629-6631

交通①千代田線綾瀬駅下車小菅法務局方面南下徒歩3分交通
   ②京成バス小菅法務局前下車北上徒歩2分

|

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »