« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月17日 (土)

3月18日(日曜日)・3月25日(日曜日)は休診します。

当院では日曜日の午前9時半〜昼12時半までの日曜診療を行っていますが、
3月18日(日曜日)・3月25日(日曜日)は休診させていただきます。

通常の診療時間は月・水〜日の午前9時半〜昼12時半と水・金・土の午後6時〜午後7時半です。

日曜日の診療でも通常どおり内科・小児科・消化器内科・循環器内科の診療を行いますが、
慢性疾患の処方は院外処方箋になります。
急性期疾患の処方は院内処方、院外処方箋とも対応可能です。
当院で当月に院外処方箋を受けている場合には院外処方箋でしか対応できないためご注意ください。
また、院内処方の当月に再度の診療を受けた場合には院内処方でしか対応できません。

日曜診療に対応する調剤薬局が少ないため、
院外処方箋の場合には調剤薬局が通常より離れた場所になりますのでご了承ください。

東京都足立区綾瀬2−10−22
南綾瀬クリニック    電話03−5629−6631
診療時間【月・水〜日の午前9時半〜昼12時半と水・金・土の午後6時〜午後7時半】火曜日休診
診療科目《内科・小児科・消化器内科・循環器内科》

|

2012年3月 5日 (月)

8万人の調査結果

国立がんセンターによる45~74歳の男女8万人の調査結果では、禁煙、節酒、減塩、適度の運動、適切な体重維持の五項目とがん発症の調査結果が発表されました。男性では二項目以上取り入れていると14%、三項目以上取り入れていると26%がんになる危険が減る結果になり、女性では一項目につき9%づつがんになる危険が減る結果になりました。この結果は60歳以上でも同様であり、良い生活習慣ががん予防につながることを示しています。

|

2012年3月 3日 (土)

下部消化管出血0804

下部消化管出血
緊急下部消化管内視鏡検査を行った患者さんで、その原因が一番多かったのは大腸憩室であるとの報告があります。

そのほか、急性出血性直腸潰瘍、虚血性腸炎、炎症性腸疾患が多いとされています。

高齢者では大腸憩室、非高齢者では虚血性腸炎が多いとの報告でした。

内視鏡的止血が困難な場合にはインターベンションや手術も考慮されます。中にはシアノアクリレート併用での止血も試みられます。

|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »