« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月29日 (金)

嚥下障害

嚥下障害には、
1・器質的障害・・・口腔、咽頭、食道を含む消化管の構造異常
2・機能的障害・・・解剖学的問題はないが、知覚低下、運動麻痺など機能不具合
3・心理的障害・・・心理的原因で食べない、食べられない
嚥下障害の症状には、
1・嚥下時症状・・・嚥下障害、むせ、逆流、疼痛
2・嚥下後症状・・・残留感、喀痰、湿声
3・その他症状・・・呼吸器感染症状、食物摂取量減少、食事時間延長
食生活の注意では、
1・覚醒していないときには食事しない
2・仰臥位を避け、前屈気味で食事をとる
3・食事介助では喉元の動きを確認する
4・麻痺側がある際には健側に食事を通す
5・粘度調整してとろみを付けたりする

|

2013年3月 3日 (日)

寝る子は育つし、高血圧にもなりにくい。

10代に睡眠時間が短いと高血圧のリスクが高くなるという報告が
2008年118号のcirculationに掲載されました。

睡眠効率が悪かったり、睡眠時間が短いと高血圧のリスクが2.5~3.5倍になるとの事です。

小児期の高血圧と成人の高血圧は相関があり、成人の高血圧は心疾患・左室肥大の危険因子になります。

 

|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »