« 嚥下障害 | トップページ | 内科・消化器内科・内視鏡科 »

2013年4月 4日 (木)

禁煙の勧め0901

ヘルシンキ大学の報告では喫煙歴のない男性は大量喫煙者より長生きでQOLも高いとのこと。喫煙者は後に禁煙しても、QOLは一日の喫煙本数が増すにつれて低下するとのことである。

これまでも喫煙は男性の寿命を7-10年縮めることが言われています。

フィンランドの研究報告でも喫煙のない男性は一日10本以上の大量喫煙者より平均寿命が10年長かった。また非喫煙者はすべての健康関連QOLスコアが高かった。

喫煙は社会的負担になりえます。

死亡率と健康関連QOLは一日の喫煙本数に応じた用量依存的な傾向も示されています。節煙も一部効果があるのです。

できるだけ長生きして若い状態で最後を迎えるには禁煙が一番でしょう。

|

« 嚥下障害 | トップページ | 内科・消化器内科・内視鏡科 »