« お知らせ | トップページ | 消化器内視鏡専門医による内視鏡検査 »

2013年9月25日 (水)

大腸内視鏡検査で大腸癌死亡率68%低下

医学雑誌NEJM2013によると、大腸内視鏡検査を受けた人は、受けなかった人より大腸癌による死亡率が68%低かったと報告されています。

米ハーバード大学による米国医療職8万9千人の調査結果で、1988年から2008年までの調査を、その後12年間追った報告で明らかになりました。

この間474人が大腸癌で死亡し、年齢などを加味しても大腸内視鏡検査を受けた人は、受けなかった人より大腸癌による死亡率が68%低かったと報告されています。

直腸、S状結腸に限ると死亡率は82%も低くなっていたようです。

当院でも、日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医による大腸内視鏡検査を施行しています。

東京都足立区綾瀬2-10-22
南綾瀬クリニック
03-5629-6631 
内科・消化器内科

診療時間9時半〜12時半(月・水・木・金・土・日曜日)

18時〜19時半(水・金・土曜日)
診察終了10分前で受付は終了します。

火曜日と祝日が休診日です。

土曜日も日曜日も9時半〜12時半は内科・小児科・消化器科・循環器科の診療を行っています。

|

« お知らせ | トップページ | 消化器内視鏡専門医による内視鏡検査 »