« 喫煙者の認知症リスクは2倍 | トップページ | GW診療案内 »

2015年4月 4日 (土)

歩数と疾病予防

中之条研究での報告では、歩数(早歩きの時間も必要)により以下のような疾病予防が可能であるとしています。

2000歩(早歩き0分)で寝たきり予防
4000歩(早歩き5分)でうつ病予防
5000歩(早歩き7.5分)で認知症、脳卒中予防
7000歩(早歩き15分)で動脈硬化、骨粗鬆症、がん予防
7500歩(早歩き17.5分)で筋減少、体力低下予防
8000歩(早歩き20分)で高血圧、糖尿病、脂質異常予防★
10000歩(早歩き30分)でメタボリックシンドローム予防
12000歩で(早歩き40分)で肥満予防

また季節では、気温17度より上下すると活動量が低下し、1年のうちでは1月が一番活動量が少ない結果が得らています。

|

« 喫煙者の認知症リスクは2倍 | トップページ | GW診療案内 »