« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月 7日 (木)

ヒポクラテスの格言

2000年以上前にヒポクラテスは予後因子として良好な認知機能(健康な精神状態)と良好な食欲を上げています。

BMJ2014ではこの予後に関する格言による死亡予測がKM生存曲線から可能であったことが示されています。カナダのコホート研究の集団データから食欲不振と認知機能低下の両方が存在すると、死亡リスクが1.71倍上昇することが示されています。身体機能障害が軽度から中等度であると死亡リスクが1.80倍に、重度では2.62倍に上昇することが示されています。高齢、男性も生命予後を悪化させる因子とされています。

認知症患者の生命予後は、発症から死亡まで7〜10年とされています。

当院では「もの忘れ外来」も実施していますのでご活用下さい。

〒120-0005東京都足立区綾瀬2-10-22
南綾瀬クリニック 電話03-5629-6631
内科・消化器内科・循環器内科・小児科・在宅医療

診療時間
月・水〜日 午前9時半〜昼12時半
火・祝日 休診

|

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »