2017年6月 6日 (火)

海外派遣、旅行におけるトラベルワクチン・・・南綾瀬クリニック・・・足立区

★A型肝炎のワクチンは、途上国全域で、上下水道など衛生状態の悪い環境に滞在する場合には接種が望まれます。

★破傷風ワクチンは、全世界で、外傷を受けやすい場合には接種が望まれます。

★B型肝炎ワクチンは、途上国全域で、医療関係の仕事で滞在する場合には接種が望まれます。

★狂犬病ワクチンは、途上国全域で、動物咬傷後の接種が受けにくい状況の場合には接種が望まれます。

★麻疹ワクチンは、アジアアフリカで、20代から30代の場合には接種が望まれます。

上記のワクチン接種は当院でも行っております。
〒120-0005 東京都足立区綾瀬2-10-22 南綾瀬クリニック 03-5629-6631

診療時間9時30分から12時30分、平日と土曜日曜とも診療有り。火曜日と祝日は休診。

黄熱ワクチンは検疫所と検疫所関連施設でしか接種はできません。

|
|

2015年10月 1日 (木)

インフルエンザワクチン

今年のインフルエンザワクチンは
A型、B型の4種類の混合ワクチンに変更となり、
全国統一されています。

インフルエンザワクチンは年内の接種が望ましいです。

通常診療は、

診療時間9時半〜12時半
診察終了10分前で受付は終了します。

※インフルエンザワクチンは12時以降は接種できませんのでご注意下さい。

診療は月・水・木・金・土・日曜日です。
火曜日と祝日が休診日です。

内科・小児科・消化器科・循環器科の診療を行っています。

東京都足立区綾瀬2-10-22

南綾瀬クリニック

03-5629-6631

|
|

2015年5月 8日 (金)

認知症検診

特に物忘れなどの症状は無いものの認知症が気になる方に、
MMSE・HDS−Rなどによる認知症検診を行っています。

認知症検診代金2000円+消費税です。 診断書代は別途。

申込は受付にご依頼ください。

東京都足立区綾瀬2−10−22
医療法人社団 山寿会 南綾瀬クリニック 
電話03−5629−6631

|
|

2012年12月19日 (水)

トラベルクリニック(トラベルワクチン)

海外渡航前に必要なワクチンを接種します。
トラベル(渡航者)ワクチンを接種するトラベルクリニックでは、
健康保険の適応でないため、自費診療となります。
※ワクチン接種は予約制で各ワクチンとも接種間隔が2〜4週必要であり、
余裕を持って接種する必要があります。
予防接種計画は一回目のワクチン接種時にご説明します。

★トラベルワクチンAセット・・・
A型肝炎ワクチンとB型肝炎ワクチンの接種で、経口感染と血液感染を予防します。それぞれのワクチンとも各3回接種になります。
★トラベルワクチンBセット・・・
A型肝炎ワクチン、B型肝炎ワクチン、破傷風ワクチン、日本脳炎ワクチンの接種で、「南太平洋や東欧や中央アメリカ」への渡航向けです。それぞれのワクチンとも各2〜3回接種になります。
★トラベルワクチンCセット・・・
A型肝炎ワクチン、B型肝炎ワクチン、破傷風ワクチン、日本脳炎ワクチン、不活化ポリオワクチン、狂犬病ワクチンの接種で、「東南アジアや中近東」への渡航向けです。それぞれのワクチンとも各2〜3回接種になります。
★トラベルワクチンDセット・・・
破傷風ワクチンの接種で、「北米や西欧やオセアニア」への渡航者向けになります。ワクチン接種は2〜3回接種になります。

※「南米やアフリカ」への渡航者向けにはトラベルワクチンCセットで黄熱ワクチン以外の対処は可能ですが、黄熱ワクチンの接種も必要であり検疫所(成田など)で追加して行う必要があります。
※各ワクチンは一回当たり4000円〜13000円です。
※A型肝炎ワクチン、B型肝炎ワクチン、破傷風ワクチン、日本脳炎ワクチン、不活化ポリオワクチン、狂犬病ワクチンのうち一種類のみ接種することも可能です。それぞれのワクチンとも各2〜3回接種になります。
※価格は税別です。
★南綾瀬クリニック★03-5629-6631
東京都足立区綾瀬2-10-22
内科・小児科・消化器科・循環器科の専門診療と
プライマリケア診療。
診療は火曜日・祝日を除く月・水・木・金・土・日曜日で、
午前9時半〜昼12時半まで、
平日・土日とも午前中の診療時間は同じです。
金・土曜日は午後6時〜午後7時半までの診療もあり。

|
|

2012年11月 1日 (木)

インフルエンザワクチン

今年のインフルエンザワクチンはA型(H1N1・カリフォルニア2009)、A型(H3N2・ビクトリア2011)、B型(ウィスコンシン2010)の3種類の混合ワクチンで全国統一されています。インフルエンザワクチンは年内の接種が望ましいです。

|
|

2012年9月 6日 (木)

ポリオ不活化ワクチン接種

2012年9月からポリオ不活化ワクチンの単独接種(注射)がはじまりました。

2012年1月〜7月生まれの乳児は、
1/ポリオワクチンをまだ一度も受けていない場合・・・ポリオ不活化ワクチンの4回接種を行います。
2/ポリオ生ワクチンを一度受けたことがある場合・・・ポリオ不活化ワクチンの3回接種を行います。

2011年以前生まれの乳幼児は、
1/ポリオワクチンをまだ一度も受けていない場合・・・ポリオ不活化ワクチンの4回接種を行います。
2/ポリオ生ワクチンを一度受けたことがある場合・・・ポリオ不活化ワクチンの3回接種を行います。
3/ポリオ生ワクチンを二度受けたことがある場合・・・ポリオ不活化ワクチンの接種は不要です。

4/ポリオ不活化ワクチンを一度受けたことがある場合・ポリオ不活化ワクチンの3回接種を行います。
5/ポリオ不活化ワクチンを二度受けたことがある場合・ポリオ不活化ワクチンの2回接種を行います。
6/ポリオ不活化ワクチンを三度受けたことがある場合・ポリオ不活化ワクチンの1回接種を行います。

ポリオ不活化ワクチンの一回目〜三回目まではそれぞれ20日以上おいて接種します。
ポリオ不活化ワクチンの四回目は6ヶ月以上おいて接種します。

厚生労働省によると2012年8月以降生まれの乳児は11月から4種混合ワクチンでポリオワクチンを接種していくことになる予定です。

|
|

2011年11月 5日 (土)

インフルエンザワクチンを接種しています。

2011年のインフルエンザワクチンは、

以前新型インフルエンザと言われたH1N1タイプのA型インフルエンザワクチンと

H3N2タイプのA型インフルエンザワクチンとB型インフルエンザワクチンの

3種類が入ったワクチンです。

当院でも予約ならびに接種を行っています。

|
|

2011年1月17日 (月)

肺炎球菌ワクチンとHibワクチン

★肺炎球菌ワクチンの摂取は小児と高齢者で対応が異なり、小児は年齢でも異なります。

65歳以上・・・ニューモバックス1回接種のみ

9-64歳・・・基本的には接種しないが、ハイリスクにはニューモバックスを接種します

2-9歳・・・ハイリスクか健常の小児かでもことなりますが、通常プレベナー1回接種のみです

12-24ヶ月未満・・・プレベナー2回接種のみ(4週空けて接種)

7-12ヶ月未満・・・プレベナー3回接種のみ(各4週毎に接種)

2-7ヶ月未満・・・プレベナー4回接種のみ(3回までは4週毎に接種し、4回目は2ヶ月空けて接種する)

2ヶ月未満・・・肺炎球菌ワクチン(プレベナー、ニューモバックスとも)は接種しません

☆当院での自費診療費

プレベナー8000

ニューモバックス6000

★Hibワクチン(アクトヒブ)は年齢によって対応が異なります。

5歳以上はローリスクのためあまり接種しません。

1-5歳未満までは1回接種のみ

7-12ヶ月未満はまず2回各4-8週毎に接種し、1年後追加1回で合計3

2-7ヶ月未満はまず3回各4-8週毎に接種し、1年後追加1回で合計4

2ヶ月未満・・・Hibワクチンは接種しません

アクトヒブ6000

#詳しくは当院受付にご相談ください。

☆当院での自費診療費

|
|

2010年10月15日 (金)

大腸癌ドック(前日夕方から準備あり)

大腸癌ドック29780円

大腸の検査は前日夕食から下剤、低残渣食を用い、当日洗腸剤で1~2時間かけて準備した上で、肛門から内視鏡を挿入して直腸・S状結腸・下行結腸・横行結腸・上行結腸・虫垂をくまなく検査します。

※価格は税別です。

|
|

2010年9月26日 (日)

癌対策検診

腫瘍マーカー検診Aコース17720円

検査項目:CEA、AFP、CA19-9、SCC、SLX

検査目的:大腸癌、胃癌など、、肝臓癌、、胆嚢癌、胆管癌など、、扁平上皮癌(肺癌、食道癌、膀胱癌など)、、肺腺癌など

腫瘍マーカー検診Bコース17800円

検査項目:CYFRA、P53抗体、NSE、CA125、男性PSA(女性CA153)

検査目的:肺癌、食道癌、大腸癌など、、肺小細胞癌、神経芽細胞腫、卵巣癌、胆嚢癌、膵臓癌など、、男性(前立腺癌)、、女性(乳癌、子宮癌など)

※価格は税別です。

|
|