« 今年のインフルエンザワクチン株 | トップページ | もやもや病 »

2010年10月 7日 (木)

COPD

COPDは慢性閉塞性肺疾患のことですが、肺が過膨張をおこして換気の予備能力が低下し、息切れや運動耐容能の低下を来します。

運動をしなくなるので体力が落ち、呼吸困難が更に悪化する悪循環になります。

COPDは肺機能検査と胸部x線検査で調べられます。

COPDでは特に一秒率の低下が認められます。

COPDでは喫煙は禁忌です。

呼吸器感染症を予防するためにインフルエンザワクチンが望まれます。

COPDの治療では気管支拡張薬、テオフィリン製剤、吸入ステロイドなどが用いられます。

長引く咳、痰、息切れではCOPDの検査を受けた方がいいかもしれません。

|

« 今年のインフルエンザワクチン株 | トップページ | もやもや病 »