« 介護保険サービス利用方法2 | トップページ | インフルエンザの登校停止期間 »

2012年2月13日 (月)

職業性喘息0802

職業性喘息
職場での物質暴露が喘息の原因になっているのが職業性喘息です。

一般的には人口1万人あたり3人程度が年間発症しているとされています。

吸入事故直後に喘息を発症する場合が多いので医療機関での経過観察が必要になります。

新規喘息患者の10%以上は職業性喘息ともされ、アトピーや喘息の家族歴をもつ場合には発症リスクはさらに高くなるとされています。

吸入防止策と吸入後の早期発見が必要になります。

|

« 介護保険サービス利用方法2 | トップページ | インフルエンザの登校停止期間 »