« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月27日 (月)

介護保険サービス利用方法3

要介護認定が出たら、介護サービスを利用するケアプランを作成します。
ケアプランは居宅介護支援事業所のケアマネージャーに相談するのもいいですが、まずは、どんな介護サービスを利用するつもりなのかご自身、ご家族で事前検討することをお勧めします。
介護サービスはまず、在宅介護を行うのか、施設介護を行うのかによって異なります。

|
|

2012年2月22日 (水)

うがいの効果

京都大学保健管理センターのうがいに関する387名の調査では、くじ引きで「水うがい群」「ヨード液うがい群」「特にうがいをしない群」の3群に割り付け、2ヶ月間にわたって割り付けられたうがい行動で風邪の発症を追跡した結果、発症率はうがいをしない群の1ヶ月あたり100人中26.4人に対して水うがい群は17.0人、ヨード液うがい群は23.6人でありました。
多変量解析では、水うがいをした場合の発症確率はうがいをしない場合に比べて40%低下することになります。
水の乱流によってウィルスそのものか、埃の中にあってウィルスにかかりやすくするプロテアーゼという物質が洗い流されること、水道水に含まれる塩素が何らかの効果を発揮したことなどが考えられるとしています。

|
|

2012年2月17日 (金)

インフルエンザの登校停止期間

インフルエンザに感染した場合の(小中高大学生)登校停止期間は発症後5日を経過し、かつ解熱後2日間(幼稚園児は3日間)に改正させることで文部科学省の方針が決定され、4月1日から実施される方針です。

|
|

2012年2月13日 (月)

職業性喘息0802

職業性喘息
職場での物質暴露が喘息の原因になっているのが職業性喘息です。

一般的には人口1万人あたり3人程度が年間発症しているとされています。

吸入事故直後に喘息を発症する場合が多いので医療機関での経過観察が必要になります。

新規喘息患者の10%以上は職業性喘息ともされ、アトピーや喘息の家族歴をもつ場合には発症リスクはさらに高くなるとされています。

吸入防止策と吸入後の早期発見が必要になります。

|
|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »