« 夏期休診のご案内 | トップページ | 口腔乾燥での口渇、虫歯、口角びらん・・・1002 »

2013年9月 1日 (日)

やけどに注意

火傷の程度

Ⅰ度は発赤充血で痕は残らない場合が多いです。
Ⅱ度浅達性では水疱腫脹で痕残りにくいです。
Ⅱ度深達性では白っぽい腫脹で痕残りやすくなります。
Ⅲ度では壊死炭化し痕が残ることが多いです。

II度熱傷面積が小児15%以上、成人30%以上で重度熱傷のため輸液療法の適応となります。

II度以上熱傷面積が小児10%、成人20%超えると全身状態悪化で入院治療が必要となります。

|

« 夏期休診のご案内 | トップページ | 口腔乾燥での口渇、虫歯、口角びらん・・・1002 »