« 消化器内視鏡専門医による内視鏡検査 | トップページ | 膝は消耗品 »

2013年10月10日 (木)

BMI・・・1003

BMIは22.5-25の時に死亡率が最も低くなると言う報告がLANCET2009に掲載された。

 

ここからBMIが5上昇すると全死亡率は30%上昇するという。主な要因は血管疾患であるという。肥満で動脈硬化が促進されるからかも知れない。

 

一方で25未満のBMIでも死亡率は22.5-25に比べると上昇する。

 

BMIが30-35では生存期間の中央値が2-4年減少するという。

 

また喫煙者はBMIで喫煙量に変化がないとされ、依存症はBMIとは別問題なのかも知れない。

 

肥満脂肪細胞の慢性炎症はインスリン抵抗性を介して2型糖尿病にも関係する可能性があるので要注意である。

|

« 消化器内視鏡専門医による内視鏡検査 | トップページ | 膝は消耗品 »