« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月20日 (日)

高齢者総合機能評価CGAとPOBSフレイル予防における多種連携の重要性について

 平均寿命と健康寿命の乖離問題(男性9年、女性12年程度の差)が指摘されており、健康寿命を延伸させるためのフレイル(虚弱)対策が必要になっています。

 フレイル(虚弱)にはPフィジカル(身体)面、Oオーラル(口腔嚥下栄養)面、Bブレイン(脳神経精神)面、Sソーシャル(社会)面における機能チェックと対策トレーニングが必要になります。

 葛飾区医師会では葛飾antiフレイル活動POBSとして、健康寿命延伸のためのPOBSフレイル予防をPOBSチェックリストとPOBSトレーニングメニューを用いて推進する活動を行っています。 

 一方で老年症候群に対しては高齢者総合機能評価CGA(comprehensive geriatric assessment)も用いられており、CGA1、2基本的ADL(1入浴2排泄等、Barthel index)、CGA3手段的ADL(交通機関利用等、Lawton index)に関してはPOBSフレイルのPフィジカルフレイルOオーラルフレイルSソーシャルフレイル対策が重要になります。

 CGA4意欲(面会時挨拶等、Vitality index)、CGA5情緒(無力感抑うつ等、Geriatric Depression Scale)に関してはPOBSフレイルのOオーラルフレイルBブレインフレイルSソーシャルフレイル対策が重要になります。

 CGA6、7認知機能(6復唱7遅延再生等)に関してはPOBSフレイルのBブレインフレイル対策が重要になります。 

 このように高齢者の老年症候群対策、健康寿命延伸対策にはPOBSフレイルのチェックリストやCGA評価を踏まえて疾患管理を担う医療機関を中心に多職種でのPOBSフレイルトレーニング対応が必要になリます。

2017.8.20  葛飾区医師会 地域医療部  地域包括ケア担当 理事

大山クリニック 院長  大山高令

|
|

2017年8月 8日 (火)

薬物依存の要因

薬物依存の予測因子には虐待経験、いじめ被害、達成感の乏しさ、両親の不和離婚、自尊心の低さ、自傷行為、うつエピソード、親のアルコール乱用などがあるとされています。 薬物依存は多幸感を求めてなるのではなく、苦痛からの逃避を求めてなるものである。快感といった正の報酬ではなく、苦痛の緩和消失といった負の報酬が手放せないから依存するともされています。  1979年のラットパーク実験でAlexanderらは孤独やストレスといった環境が人を薬物依存にさせるという負の強化の仮説を立てています。 大山クリニック 葛飾区堀切1-41-9電話03-3692-1314内科、小児科、消化器内科、消化器内視鏡センター、日曜診療あり

|
|

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »