« 高齢者総合機能評価CGAとPOBSフレイル予防における多種連携の重要性について | トップページ | POBSフレイルチェックリストCGA多職種連携用・葛飾区医師会誌地域医療部・地域包括ケア担当・理事・大山高令・大山クリニック院長 »

2017年9月 9日 (土)

誤嚥性肺炎と嚥下機能

高齢者の肺炎は誤嚥によるものが多く、70才以上の肺炎入院患者の7割以上は誤嚥性肺炎とも言われています。 笑うという動作が口腔体操と同様の働きを果たし、舌や口の周り、首などの嚥下に必要な筋肉のトレーニングにつながっており、笑うことによって嚥下機能の低下が抑制されると考えられます。 葛飾区堀切1-41-9で内科・消化器内科・小児科の大山クリニック(03-3692-1314)。午後2時半〜午後7時半(月、水〜日曜日)。消化器内視鏡センター、もの忘れ外来、頭痛外来、肝臓外来、超音波検査・X線検査・肺機能検査・一般採血

|
|

« 高齢者総合機能評価CGAとPOBSフレイル予防における多種連携の重要性について | トップページ | POBSフレイルチェックリストCGA多職種連携用・葛飾区医師会誌地域医療部・地域包括ケア担当・理事・大山高令・大山クリニック院長 »