« 20周年リニューアル、大山クリニック、消化器内視鏡センター、フレイル予防 | トップページ | 萩日吉神社児持杉 »

2018年9月 9日 (日)

75歳前後からはメタボリックシンドローム対策からPOBSフレイル予防対策へシフト

75歳前後からはメタボリックシンドローム対策からPOBSフレイル予防対策へのシフトが必要になってきます。

Photo
ロコモティブシンドロームやサルコペニアでは経年変化でフィジカルフレイルへと移行していきます。オーラルフレイル対策とともにPOBSフレイル予防が必要になります。

75歳前後以降では高齢者のPEM(蛋白エネルギー低栄養)に消化管疾患が隠れていないか、内視鏡検査にてチェックする必要性もあります。
大山クリニック
消化器内視鏡センター
〒124-0006 東京都葛飾区堀切1-41-9
電話03-3692-1314

|
|

« 20周年リニューアル、大山クリニック、消化器内視鏡センター、フレイル予防 | トップページ | 萩日吉神社児持杉 »