« 医療費「総額管理」とは | トップページ | 人口減少 »

2005年9月16日 (金)

救急車と介護タクシーと民間タクシーと

blue_hills 東京消防庁が緊急性の高い現場に優先的に救急車を向かわせるため、救急車代わりにタクシーを積極利用することを決めました。現在の救急車の到着時間がながくなりつつある現状では妥当な選択でしょう。救急車が無料なのは日本くらいで、イギリス・イタリア・韓国などは緊急時以外は有料です。アメリカでは救急車の一回出動は1万~4万円ほどの費用が徴収されます。日本でも救命には費用がかかるという認識を高める上では、緊急以外の救急車出動は不要かもしれません。また緊急時の救急車使用も保険で一部負担金が発生した方が無用な救急車出動に歯止めがかかるかもしれません。もちろん、救急時には現在の無料で、救急に、緊急に駆けつけられる体制を維持するためです。

|

« 医療費「総額管理」とは | トップページ | 人口減少 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138168/5971008

この記事へのトラックバック一覧です: 救急車と介護タクシーと民間タクシーと:

» 救急車 [日本の平和]
救急車救急車(きゅうきゅうしゃ amburance)は、寝台車 (自動車)|寝台自動車の一つで、傷病者の輸送などの救急搬送を行なう自動車である。日本ではパトロールカーや消防車と同様に緊急自動車の一つで、サイレンを鳴らして緊急走行を行うことができる。正式名称は救急自... [続きを読む]

受信: 2005年9月21日 (水) 21時12分

« 医療費「総額管理」とは | トップページ | 人口減少 »