« インフルエンザ脳症 | トップページ | 介護予防における筋力向上 »

2005年11月28日 (月)

食事の中に含まれる効能

この夏は寒天がブームであったようですが、その効能は食物繊維。ダイエット寒天なる一人歩きもあるが、要は「カロリーダウン」目的の寒天ブーム。アロエにも食物繊維が含まれるとされています。

一時ブームをおこした赤ワイン。その効能はポリフェノール。ココアやチョコレートにも含まれるとされ、「適度」なら虚血性心疾患予防にいいともされた。

古くは青魚に含まれるDHA、EPA。これらも虚血性心疾患予防にいいとされています。

EPA

ブルーベリーにはアントシアンが含まれ目にいいとか、

ブルーベリー

海洋深層水にはミネラルが含まれているとか、

唐辛子のカプサイシンが体脂肪を燃焼させるとか、

緑茶のカテキンには抗酸化作用があるとか、

ヨーグルトには乳酸菌が含まれ整腸作用がるとか、

黒酢にはクエン酸が含まれ疲労にいいとか、・・・

探せばきりは無いけど、それがすべてでもなく、あまり凝ってもなあと思います。

そういえばコエンザイムも根強いブームですね。

コエンザイムQ10

|

« インフルエンザ脳症 | トップページ | 介護予防における筋力向上 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138168/7346784

この記事へのトラックバック一覧です: 食事の中に含まれる効能:

« インフルエンザ脳症 | トップページ | 介護予防における筋力向上 »