« 喫煙者の7割はニコチン依存症 | トップページ | 介護予防における口腔機能向上 »

2005年11月24日 (木)

病院のタクシー乗り場は禁煙タクシーのみに

「喫煙は寿命を10年縮める」との呼吸器センター長の考えの下、都内の一部の病院で2006年1月から病院敷地内のタクシー待ちには禁煙タクシーしか乗り入れなくなるそうである。

「病院」という環境を考えた際に、患者自身は当然のこと、患者の周辺の人も「健康に百害しかない」喫煙をさける環境を作るのは本来あるべき姿そのものである。

禁煙が当然の社会環境、ノーマライゼーションを更に促進していってもらいたい。一部のタクシー会社は全車両の1割近くが禁煙車になっているとのことであるが、喫煙車が1割のみになれたらいいなと思います。

きれいな空気は商品になっているくらいです。

|

« 喫煙者の7割はニコチン依存症 | トップページ | 介護予防における口腔機能向上 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138168/7277922

この記事へのトラックバック一覧です: 病院のタクシー乗り場は禁煙タクシーのみに:

« 喫煙者の7割はニコチン依存症 | トップページ | 介護予防における口腔機能向上 »