« 対GDP比医療費 | トップページ | 喫煙者の7割はニコチン依存症 »

2005年11月22日 (火)

新興感染症

鳥インフルエンザは新興感染症の一つである。新興感染症とはここ数十年で新しく認識された公衆衛生上問題となる感染症のことです。

最近では2002年ごろのSARS(重症急性呼吸器症候群)も新興感染症です。ウイルス感染症とされるもののまだ詳細不明です。

1999年以降米国で認められるようになった西ナイル熱も蚊が媒介するウイルス性の新興感染症です。

デング熱にいたっては熱帯特有の新興感染症とされていたが、台湾でも患者が発生し、温暖化が進行する日本でも患者の発生する可能性がある。

熱帯地方では1969年からのラッサ熱・1977年からのエボラ出血熱・1991年からのベネズエラ出血熱などの人命を脅かす新興感染症も多い。

新興感染症が登場するのは、熱帯雨林帯の乱開発、人口増加と移動、生態系の変化、気候の変化、病原微生物の変異などにより地域特有の風土病が世界的な疫病になることが原因ともされます。

人類の活動自身が悪いともなりかねないが、自然環境を大切にしながら、自然と共生することの必要性を新興感染症が教えてくれているような気もする。

|

« 対GDP比医療費 | トップページ | 喫煙者の7割はニコチン依存症 »

コメント

いつもとらくばくいただきましてありがとうございます。
そうですねぇ、新興感染症は重大な健康リスクですね。エボラ出血熱とかしゃれにならないです。
エボラといえば、中国の豚連鎖球菌感染症は、症状からエボラじゃね?ってうわさが流れていましたけど、そのまま豚連鎖球菌感染で決着したのかな?
ま、なんにしても中国は不透明な部分が多いので怖いですねぇ。

投稿: 漁民 | 2005年11月22日 (火) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138168/7245162

この記事へのトラックバック一覧です: 新興感染症:

» 新型インフルエンザウイルス予報 [“腰痛・首痛・ヘルニア除去!”横浜ではたらく治療家のblog]
新型流行で死者190万人 米、インフルエンザで想定 出ました! 「不安大国」アメリカの新型ウイルス予報。(ニューヨーク・タイムズ ) ? 今回はハリケーンの影響もあり、事前の準備の必要性が叫ばれるのは仕方のないこととも言えます。 誰が先にワクチンを手に... [続きを読む]

受信: 2005年11月22日 (火) 12時22分

» 今日の鳥フル [作った(´・ω・`)]
人→人感染否定 鳥インフルエンザ、人同士の感染の証拠なし 衛生部 人民網 http://j1.peopledaily.com.cn/2005/11/21/jp20051121_55278.html 鳥インフルエンザのヒトからヒトへの感染の証拠、まだ発見されず=衛生部 新華通信ネットジャパン http://www.xinhua.jp/news... [続きを読む]

受信: 2005年11月22日 (火) 20時05分

« 対GDP比医療費 | トップページ | 喫煙者の7割はニコチン依存症 »