« サプリメント:クレアチン | トップページ | サプリメント:グルタミン »

2005年12月27日 (火)

民主党の医療制度改革案

1・10年程度かけて職業毎の公的医療保険を100万人程度の地域型新保険に一元化する。

一元化は大変好ましいことで、5年程度をめどに行ってもらいたいものです。100万人程度の地域型保険では保険者機能が小さすぎます。道州制での地域保険制度が望ましいと思われます。

2・一元化までの経過措置として70歳以上の高齢者新保険を創設。市町村国保は広域化、政管健保は新公法人に移管する。

高齢者保険の導入は政府決定されましたが、その内容を市町村、政管健保にわける必要はありません。道州制で一括管理、道州毎の効率運営比較を行うべきです。道州制の方が保険者機能も充実し、むだな管理コストが少なくなります。

3・たばこ増税、がん検診の保険適応などがん対策を拡充。

たばご税は全額がん対策費用に充填すべきです。

4・就学前児童の医療費自己負担の無料化など少子化対策を重視。

当然でしょう。出産費用も全額保険給付をすべきです。

5・終末期患者の家族の「看護休暇制度」を創設。

看護・介護休暇両面が必要です。

|

« サプリメント:クレアチン | トップページ | サプリメント:グルタミン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138168/7822350

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の医療制度改革案:

« サプリメント:クレアチン | トップページ | サプリメント:グルタミン »