« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月30日 (月)

日経社説「医療費明細、無償で出すのが当然だ」1月28日版について

ここ最近10年くらいに開業した診療所はたいていレセコン(レセプトコンピューター)が入っている。ここ5年くらいでは電子カルテを導入している診療所の開業も多くなっている。大規模病院ではレセコンはもちろんのこと、電子カルテの導入も多くなってきた。

レセコンや電子カルテを導入している医療機関は基本的に医療費明細は簡単に出せる仕組みであるし、出しているところが多いのではないだろうか?

医療費明細を出していない医療機関があるとすれば、古くからの開業医、経営基盤の弱い中小病院であろうか?

古くからの開業医はレセコン・電子カルテの時代に乗り遅れている可能性がある。開業医の平均年齢は高い。スタッフの高齢化がIT対応を遅らせている可能性もある。昔ながらの医療事務を手作業でやっていては医療費明細を出すのもままならないであろう。

中小病院ではIT導入費用もままならない。IT設備投資をしても診療報酬には反映されないからでもある。その診療報酬の請求先である健康保険者へは医療費明細どころか、レセプトとして診療行為の全情報が提示されている。一方で診療報酬制度にあわなければ、いくら必要な治療をしてもその費用の請求に対して診療報酬を出してくれないこともある。

そう、医療は国民皆保険経済の下にあるサービス業なのです。

日経の社説で「買ってもらったモノやサービスについて明細を出すのは企業にとってサービスの基本だ」とされているのはごもっともです。しかし、ここで言われるサービス業はサービスの値段を自由に決定できる自由サービス業です。

一方で医療は保険制度の下、値段を自由に決められません。値段は「診療報酬」によって全国一律に決定されています。医療はサービス業でしょうが、価格を自由に決定できないサービス業です。しかもサービスを提供する人材も医師・薬剤師・看護婦など国家資格を得ないと行えないサービス業、つまり規制サービス業です。自由サービス業とは一緒に考えられない側面があります。

こういった状況を踏まえずに一概に、「医療費明細、無償で出すのが当然だ」という一面だけを強調するのはいかがなものでしょうか。

日経社説の最後に「厚労省は複雑で多岐にわたる診療報酬体系を素人にもわかりやすいものに改める努力が必要だ」とされているのはごもっともです。厚労省には期待したいところですが、介護保険では今回の改正で複雑化への一途をたどっています。医療保険も簡素化の方向性が出てきたためしがありません。

複雑化も問題ですし、必要な医療を行っても診療報酬制度で認められない場合があるのも問題です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

介護予防:居宅介護支援(介護予防支援)

2006年4月からの介護予防における居宅介護支援(介護予防支援)が月4000円に決定された(初回加算2500円あり)。

これまでの居宅介護支援は月8500円である。

通常の居宅介護支援事業所は要支援・要介護1で利用者の半数近くを占める。介護予防に該当するのは全体の三分の一くらいであろう。

利用者の三分の一の居宅介護支援の報酬が半額になるのである。これは利用者が要介護認定の更新時期になるたびに報酬が順次、半額になっていく。たいていの要支援・要介護1の利用者の介護保険認定期間は1年である。

1年後には100あった収入が、70+30X0.5=85になる。

ただし、残り三分の二の居宅介護支援もケアプラン件数ごとに点数が異なるので、70X1.3~0.4+30X0.5=43~106の可能性があるが、いいところ1年後には100あったものが65~75程度になるのではないか?

これまでまじめにケアプランを作成してきたケアマネージャーがいる一方で、ふんぞり返っていたケアマネージャーもいる。

今回の介護予防に伴う居宅介護支援費の改定はケアマネージャーに本来の介護度の高い利用者にしっかりとケアプランをたてなさいとの合図でもある。

一方で、介護予防支援費はボランテイアですよという合図でもあろう。

なお、ケアプランに利用者の一割負担はないので影響は居宅介護支援事業所のみである。

癒しの入浴剤             ヤマハ無人ヘリコプター事件

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎が日本でも増えてきている。

大腸内視鏡検査の普及と病気の認識向上も寄与しているであろうが、他にも原因があるのかもしれない。

潰瘍性大腸炎は原因不明であるが、免疫異常、遺伝子異常、環境因子などが疑われている。

一般的には頻回の下痢に微熱を伴い、トイレットペーパーに血がつく10~30代の若い世代は要注意である。

大腸内視鏡検査で診断がつきますが、早期の場合は典型的な所見を呈さない場合もあり、専門医の診断で治療を行うのがいいでしょう。

潰瘍性大腸炎専用の治療薬もあります。しかし重症化するとなかなかコントロールの悪い病気でもあります。軽症でも再発が多くやっかいな病気です。継続した治療を年単位で行い方がいいでしょう。

トイレに頻回に行っているだけと思われてしまう、周囲から理解されにくい病気ですが、東京都では難病指定も受けています。我慢を重ねると重症化することもあり、気軽に消化器科に相談することをお勧めします。

日比谷花壇「今月のおすすめ」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月24日 (火)

医療を含めた道州制議論

全国を8~11に区分した道州制による地方分権議論が始まった。

人口減少社会に必要な平成の大合併に続く、大きな改革と思われる。小さな国家を目指すにはもってこいです。明治21年以来の大規模見直しになる。

国にどうしても必要なのは治安(国防・警察・消防)であるが、それ以外はできる限り地方に委譲して、道州制で管理するのは望ましいことである。

8区分では北海道560万人程度・東北980万人程度・関東甲信越(東京)4600万人程度・中部1710万人程度・近畿2160万人程度・中国四国1180万人程度・九州1340万人程度・沖縄130万人程度であり、11区分では関東甲信越が南関東・北関東・北陸に中国四国が中国・四国に分かれる。

8区分でも11区分でも構わないが、道州制をぜひとも実施することが望ましい。

その際に忘れてはいけないのが、「医療制度も道州制で管理する」ことである。

日本は単一民族国家のため、あまり国内での比較をしてきてこなかった。しかし道州制でマクロの医療の質・効率性を比較するのは望ましいことである。比較することで改善も生まれてくる。

諸外国のような疾病センターも都道府県毎でなく道州制毎に行う方が効率・効果もいいはずである。小児病院の体制も都道府県単位では効果的に対応しにくいことが、道州制内で一次・二次・三次体制の連携をとれば上手くいく可能性もある。新薬の治験も道州制なら症例が集めやすい。なにより保険制度は医療・介護とも事務コストは減り、保険料負担もばらつきが少なくなる。

道州制議論は大いに行ってもらいたいし、その際の医療の道州制も忘れないでいてもらいたいものです。この実現に関しては小泉独断でも構わないと思います。

フラワーパティシエ特集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

大安・仏滅の退院

病院から退院する日が仏滅だと前後に避けてもらいたくなるのは日本人ならではの心理。

これを反映してか、退院日には大安が多いという報告がある。そして仏滅の退院はやや少ないとの報告である。

日本人ならではの心理。縁起をかつぐのは鎌倉時代から続いている。一方で入院日は大安・仏滅に差がないらしい。早く病気をなんとかしたい心理からだろう。

退院日を仏滅を避けて前後させる際には、どちらでもよさそうだが、安全をとって一日伸ばすためか医療費も若干上昇させてしまう影響もある。

日比谷花壇「今月のおすすめ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

2006年花粉症予想

2005年秋のスギの着花状況調査では花芽が小さく、小粒であったとのことである。したがって2006年の花粉症は平年を下回る予想です。

花粉症の方には朗報です。

寒い時期から飛び始める花粉はセーターなどに付着しやすいので気をつけたほうがいいでしょう。静電気処理するのも手です。

2月頃から花粉が飛び始めます。

マスク、マスク、マスク・・・

メガネ、メガネ、メガネ・・・

癒しの入浴剤

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

薬剤耐性

2006年にはやっている米国のインフルエンザに通常用いる抗ウイルス剤の耐性を持つウイルス(A香港型:H3N2型)がでているとのことです。

薬剤耐性ウイルスは2年前に2%、1年前に11%と増加傾向にあるらしい。

薬剤耐性で有名なのはMRSA(抗菌剤体制の黄色ブドウ球菌)です。MRSAに効果のある抗菌剤が登場した際にはこぞって医療機関で使われました。マスコミもこぞって報道していました。

その結果、過剰な薬剤使用でMRSAに効果のある抗菌剤に耐性を持つ細菌が出現。その抗菌剤は耐性を調べてからしか使えなくなってしまいました。細菌・ウイルスは絶滅の危機に際して進化するのが常です。

今のインフルエンザ騒ぎも同様の様相を呈しているようです。医療機関・マスコミとも抗ウイルス剤を我先にと使い出しています。国で備蓄もしています。必要な処置ではありますが、行過ぎると、そうでなくともどんな薬剤に対しても耐性ウイルスはいずれ必ず出てきます。ウイルスも生存競争の中で、生き延びてきているのです。

同じインフルエンザでも抗ウイルス剤を使う必要のない軽症の場合もあります。その一方で抗ウイルス剤が必要などころか、入院治療を行わなければならない重篤な場合もあります。薬剤治療は本当に必要なのかどうか、入院治療が必要なのかどうかを医師はしっかりと見極める義務があります。患者・家族は病状を詳細に説明する義務があります。

両者の信頼関係とお互いの協力した治療でこそ、正しい成果と無用な薬剤耐性の防止が出来ます。ただ、医療には不確実な要素があり、そこが相互不信を来たす温床でもあるのが悩みの種です。

日比谷花壇「今月のおすすめ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

弾性ストッキング

女性のはくストッキングではありません。治療用の締め付け力の強い弾性ストッキング(保険は使えません)の話です。

下肢に静脈瘤ができたり、リンパ浮腫でむくんでしまう場合の治療手段に使います。

下肢静脈瘤やリンパ浮腫はマッサージだけでは十分に効きません。マッサージを行うとしてもリンパ・ドレナージで行わなければいけません。

下肢静脈瘤はひどい場合には手術ですが、軽度の場合は弾性ストッキングで対処します。

リンパ浮腫は炎症を抗生剤治療したり、利尿剤で対処したりしますが、弾性ストッキングも効果的です。

女性用の普通のストッキング→高級ストッキング

クリニックで使用されているボトックスを応用した新発想のレッグ用クリームが誕生。ボトックス様成分のアルジルリンと脂肪にアプローチする国内初配合のミリセリンを配合。筋肉と脂肪の両面から太足の原因に積極的にアプローチ。ヒールを履いた時などに気になる“ししゃも脚”、痩せにくいムチムチしたふくらはぎから魅力的なレッグラインへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

2005年に気になった曲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

三浦敬三氏

プロスキーヤーの三浦敬三氏が多臓器不全で亡くなられた。

101歳とのことである。101歳の多臓器不全というのは、老衰に近いような感じもします。

多臓器不全は重症肺炎や外傷に伴う全身状態など重い病状の末に生じる病態ですが、年齢的にも限界だったのでしょう。スキーを高齢まで続けられる強靭な体力と精神力が多臓器不全にいたる最後まで体をもたせたのかもしれません。

日本のスキー界の草分け的存在である三浦敬三氏は、青森市出身。八甲田山系で山岳スキーの開拓者として活躍し、日本のスキー界の発展につくした。

1981年にはアフリカ最高峰キリマンジャロ(5895m)を親子3代(雄一郎、豪太)で滑降し、2003年には親子3代で欧州アルプスの氷河を滑走したユニークな家族(長男の雄一郎氏は、世界7大陸最高峰のスキー滑降を達成。孫の豪太さんはフリースタイルスキーの冬季五輪元日本代表。 )である。

三浦敬三氏のご冥福をお祈りします。

 

プリザーブドフラワー特集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

公的病院と僻地医療への知事権限

厚生労働省が自治体病院・国保病院・日赤病院・済生会病院などの公的病院医師に僻地派遣の知事権限を与えるようにしている。

自治医大は卒業生の僻地医療を担うために設立されている。すでに何十年分の卒業生がいるのに僻地医療は解消されていないのだろうか?その実態調査・研究からはじめなければならない。

自治医大卒業生が9割以上僻地医療に従事していないとなれば、大学の存在意義が問題になってくる。現在取り入れだされた地方大学医学部の地域枠設定も同じ事態になりかねないからです。

しかしながら、自治体病院・国保病院・日赤病院・済生会病院などの公的病院は「公的」なのだから期間限定での僻地医療ローテーションはゼネラリスト養成の面でも僻地医療解消の面でも重要でしょう。公的病院の人材リニューアルにもつながります。知事権限はあってしかるべきです。

人口減少社会ではますます僻地医療の重要性が増していく可能性があります。

さらに「公的」病院でこそ入院治療に特化させ、外来は地域医療機関でおこなう地域連携を知事権限で行うべきです。病院機能のうち、外来は病院でなければ出来ないものではありません。入院・手術は病院で行った方が望ましいです。

「公的」病院の「外来」「入院」分離を徹底させるべきです。そして「入院」は地域医療機関医師がオープンに利用できるシステムの実現が地域医療にとって重要でしょう。オープン病院がなかなか充実しないのも病院に外来が残っているからです。

スイーツ&フラワー特集

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月10日 (火)

医療情報開示

厚生労働省が医療機関に医療情報開示を義務付ける方針を固めたそうである。

これまでは医療の広告制限を掲げていたのだから逆の方向性になる。

施設・運営に関しては管理者・診療日・診療時間・安全管理体制・個人情報保護の取り組み・明細付き領収書発行の有無などを開示するよう義務付けるという。

この運営コストは保険点数上反映されるのですか?経営努力でなんとかしてくださいというのですか?安全にはコストがかかることは厚生労働省もご存知かと思われますがいかがでしょう。

サービス内容に関しては診療科目・実施検査・手術・在宅医療の実施・設備機器・入院病床・セカンドオピニオン実施の有無・診療情報の提供・予防接種の実施・医療以外のサービスとその費用を開示するように義務付けるという。

これまで厚生労働省が制限してきた過大広告にならないように注意する必要がありますが、これらの開示は当然で、遅すぎる感がします。

医師などの人員に関しては医師の略歴、専門医資格の有無、看護師などの配置状況の開示を義務付けるという。

専門医資格の開示をさせるならば、専門医資格が学会認可で、厚生労働省認可でない現状をどう考えるのですか?厳密な学会と名だけの学会があります。現状の一定条件を満たす専門医のみとすることのみで十分なのですか?厚生労働省としての考えを提示してもらいたいものです。

利用状況に関しては平均入院日数・患者数の開示を義務付けるという。

この開示は医療の質を表さないのに、これで医療の質を多少判断できるでしょうと考えるのは早計です。でもないよりはましです。

医療情報の開示は患者の利便性から考えるべきものです。東京都などでの「ひまわり」情報サービスの充実や医療連携システムへの取り組みを充実させることが望ましいと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

安全対策

小学生を狙った犯罪に加えて、病院での犯罪もニュースになりだした。

小学校では防犯カメラや校門の施錠やメール配信システムなどを整えてきている。

病院でも同様に防犯カメラの設置は最低限行われていくべきなのであろう。

一方で防犯カメラを設置すると入院患者のプライバシーの問題もでてくるが、犯罪防止に協力してもらうしかないのではないか。東京の新宿歌舞伎町の路上防犯カメラも犯罪防止に効果を出しているようだし、高速道路の設置カメラで犯罪車のナンバーが判明している例もある。病院でも時折、未解決の盗みがある。こういった犯罪の防止にもなるのではないか。

病院に防犯カメラを設置するとなるとそのコストは病院の経営努力となるのであろうが、構造不況に陥っている中小病院ではその設置もままならない。

医療事故防止に対するリスクマネージャー設置にしてもそのコストは保険診療では反映されない。対策が進まないのにはやはり訳があります。

防犯カメラ・リスクマネージャーなどが医療の質を反映するとしたら、本来の治療技術とは別次元の話にもなりかねない。ただですら、病院はホテル並みの外観を整えているところが医療の質もいいと勘違いされだしています。

安全対策にどういった姿勢を国がとるのか、単なる教育補助金・医療助成という形の対策でなく、具体的な補助体制を求めたいものです。無駄な公共事業を削減すれば安全な国つくりのためにできることはいっぱいあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月 6日 (金)

日独仏(英)

日本の入院費は出来高制だが、一部でDPC(疾患別定額支払い)が導入されています。保険薬は全額保険対応可能です。誰でもどの医者にでもかかれるフリーアクセスが堅持されており、医科も歯科も公的保険で対応可能です。総医療費GDP比7.9%に抑えられています。

ドイツの入院費は州毎の予算制に縛られています。保険薬使用が予算オーバーの時には医師に注意がなされ必要な薬が使えない場合もあります。歯科治療は自費か私的保険で対応しなければなりません。医療機関に通院者は四半期毎に10ユーロの負担を強いられます。総医療費GDP比11.1%です。

フランスの入院費は総額予算制で必要な入院ができない場合もあります。保健薬は先発品2割負担、後発品との差額も負担しなければならず負担は大きいものです。また登録した一人の医師以外は自己負担額の割り増しでしか診療をしてもらえません。普段、医者にかかるのに外来毎1ユーロ負担しなければなりません。総医療費GDP比10.1%です。

なお英国では病院ごとの予算管理で必要な医療が保険では受けられません。医療の質がひどく、批判が高まっています。

@niftyからだプラス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

サプリメント:クエン酸

レモンやライムなどの柑橘類やお酢などに多く含まれる爽快な酸味をもつ有機酸です。栄養分をエネルギーに変えるTCA回路の活性化に寄与します。

インナーウエア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

胃のポリープ

胃のポリープには過形成・胃底腺・腺腫の3タイプがあります。胃の内視鏡検査をした人の0.05-0.5%にポリープが見つかります。

過形成ポリープは赤みがある易出血性です。全ポリープの90%位を占めています。癌になる確率は1-2%程度。ヘリコバクター・ピロリ菌が関与している可能性が高いです。IL8などにより炎症性にできます。除菌すると70%程度消失すると言われています。消失しないポリープは内視鏡的切除を行ったりします。胃全体にできます。

胃底腺ポリープは色に特徴はありません。全ポリープの5%位を占めています。癌になる確率は0に近いです。ヘリコバクター・ピロリがあるとできにくいとされています。胃体部領域にできやすいとされています。

胃腺腫のポリープは白っぽいポリープです。全ポリープの5%位を占めています。癌になる確率は10-20%あるので要注意です。ヘリコバクター・ピロリ菌が関与している可能性がありますが、除菌しても消失しません。内視鏡的切除を行ったりします。胃全体にできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

サプリメント:BCAA

BCAAは「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」の3つのことで、必須アミノ酸の約35%から40%、筋肉を構成するタンパク質の約15%から20%を占めます。

クッキングレシピ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

タミフル耐性H5N1インフルエンザウイルス

新型インフルエンザ(H5N1インフルエンザウイルス)患者のいるベトナムで、インフルエンザの抗ウイルス剤:タミフルの耐性ウイルスによる死亡患者が確認されている。

抗ウイルス剤・抗菌剤はこれまでも安易な使用で耐性ウイルス・耐性菌を作ってしまう危険性は何度も指摘されてきている。

薬万能主義から離れなければならない。

インフルエンザの抗ウイルス剤:タミフルにしても万能ではない。インフルエンザ発症48時間以内の投与で効果があるといわれているものの完治できる保証はない。

新型インフルエンザ(H5N1インフルエンザウイルス)が抗ウイルス剤:タミフル耐性ウイルスで流行したら大変です。

水際防止策の方が、治療薬備蓄より重要です。

公衆衛生学的な厳密対応を、テロ対策以上に行わなければなりません。

癒しの入浴剤

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

サプリメント:ホスファチジルセリン

新年明けましておめでとうございます。

本年最初のサプリメント紹介はホスファチジルセリン。

ホスファチジルセリンはセリンというアミノ酸とリン酸、グリセロール、脂肪酸が結合した物質でリン脂質のひとつで、大豆から抽出されます。脳や神経組織の細胞膜に多く含まれるリン脂質です。大豆の効用です。

DHCは通販化粧品売上No.1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »