« 介護予防:介護予防通所介護 | トップページ | 吸入型(注射不要)インスリン »

2006年2月10日 (金)

藤田元司氏とアレンジメント「シュガータイム」

藤田元司氏が心不全で亡くなられた。

心不全は高血圧からきたされるもの、虚血性心疾患からきたされるもの、心房細動などの不整脈からきたされるもの、腎疾患からきたされるものがあります。

高血圧からの場合、高血圧を予防する減塩・体重過多予防が大切です。虚血性心疾患からの場合、虚血性心疾患を来たす原因の糖尿病・高脂血症・高血圧の管理が大切です。心房細動から来たされる場合、甲状腺機能が正常なら内服コントロールを目指すしかありません。藤田氏は腎疾患から来たされる心不全で人工透析も行っていました。

心不全自身は強心剤や利尿剤での対処が治療の中心になりますが、労作時の息切れなどは日ごろ認められていたのではないでしょうか?

藤田元司氏というと現役時代を知らないので、巨人軍監督として巨人が弱体化した時に監督復帰して優勝に導くイメージがありました。

藤田氏は2度の日本一、4度のリーグ優勝をしている名将です。

現役選手時代もエース投手として慶応大卒業して社会人野球経験後の新人王 、27勝での最多勝、29勝で最高殊勲選手のタイトルも取っている一流選手です。

ご冥福をお祈りします。

癒しの入浴剤

|

« 介護予防:介護予防通所介護 | トップページ | 吸入型(注射不要)インスリン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138168/8366063

この記事へのトラックバック一覧です: 藤田元司氏とアレンジメント「シュガータイム」:

« 介護予防:介護予防通所介護 | トップページ | 吸入型(注射不要)インスリン »