« 運動基準 | トップページ | 公園の高齢者用遊具 »

2006年2月 3日 (金)

リハビリテーション

リハビリテーションには理学療法と作業療法と言語聴覚療法があります。

これまではこれらの資格の下で一括してリハビリテーションとされてきましたが、今後は脳血管疾患等、運動器、呼吸器、心大血管疾患の四区分でのリハビリテーションに分化されていきます。

診療報酬も疾患別の評価体系になっていくようです。

急性期・亜急性期・回復期・維持期のリハビリテーションも疾患別のクリテイカルパスができていくことでしょう。

癒しの入浴剤

|

« 運動基準 | トップページ | 公園の高齢者用遊具 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138168/8301995

この記事へのトラックバック一覧です: リハビリテーション:

« 運動基準 | トップページ | 公園の高齢者用遊具 »